« 『新・台湾の主張』(李登輝) | トップページ | 『沖縄彫刻都市』 »

2015/10/11

『ひとりのひとを哀しむならば』

 大澤恒保の『ひとりのひとを哀しむならば』を一気に読んだ。心が鎮まる、良薬のような作品だった。少なくともぼくには。

 よしもとばななの心のこもったあとがきもいい。

本来、自分がきつい作業をして書いたもの、深い深いところまで行って取ってきてくれた海の底の貝のような美しいものを。人にまで読ませて伝えてあげたい、というのがものを書く人々の無償の、人類に対するある種の愛情だとすると、この本の中にはそれがたくさん入っている。

 そして、「お世辞ではなくて、誰もがこれを読んだ後では、人生が少し違うと思う」と続けている。

 ほんとうにそうだと思った。


『ひとりのひとを哀しむならば』

|

« 『新・台湾の主張』(李登輝) | トップページ | 『沖縄彫刻都市』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/61608393

この記事へのトラックバック一覧です: 『ひとりのひとを哀しむならば』:

« 『新・台湾の主張』(李登輝) | トップページ | 『沖縄彫刻都市』 »