« 「家を去る」から「家を去らない」まで | トップページ | 『豊穣と不死の神話』 »

2015/10/04

親子婚の禁止と死

 後藤明は、メラネシアの脱皮型の死の起源神話は、近親相姦のタブーに触れている、という。

 たとえばソロモン諸島のガダルカナル島の例もそうである。昔、人間と蛇は脱皮することで永遠の若さを保っていた。あるとき、女が子供をお婆さんに預けて仕事に出た。老婆は子供と遊んでいたが、子供が眠ると水浴びに行った。彼女は古い皮を脱ぎ、それを川の岸の木に掛け、若返って家に帰ってきたのだ。子供は彼女を見たとき、お婆さんだと気づかず泣いた。困り果てた老婆は川に戻り、古い皮を身につけた。彼女は孫に行った。「これより先、人間は老いねばならない」と。(『「物言う魚」たち』

 これは、メラネシアでは、親子婚を禁止することが、死の認識をもたらしたと語っているのだと思う。つまり、そこで「世代」の概念を手にしたことが、死の認識につながっている。


『「物言う魚」たち―鰻・蛇の南島神話』

|

« 「家を去る」から「家を去らない」まで | トップページ | 『豊穣と不死の神話』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/61520625

この記事へのトラックバック一覧です: 親子婚の禁止と死:

« 「家を去る」から「家を去らない」まで | トップページ | 『豊穣と不死の神話』 »