« 「沖縄の御嶽草創由来にみる精霊信仰」 | トップページ | 「南島の他界観」(湧上元雄) »

2015/09/28

『吉本隆明 “心”から読み解く思想』

 考察の資料として読むので、書評にはならず、著者の宇田亮一には申し訳ないのだが、『吉本隆明 “心”から読み解く思想』で、ぼくが示唆を受け取ったことはふたつだ。

言い換えれば、「原生的疎外」の時空間では外部知覚(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)がきわめて大きな役割を果します。これに対して「純粋疎外」の時空間では外部知覚(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)は直接的な役割をもっていないのです。「純粋疎外」では内部知覚(心の中の内的感覚)が大きな役割を果たすことになります。

 ヒトは「純粋疎外」の領域を持つことで、人間になったとすれば、ここでいう「純粋疎外」の領域は、霊力思考の発現にほかならない。初期の人類は、この「純粋疎外」の領域が大きな意味を持った。

 もうひとつの示唆は、「前古代社会の心的構造」として、「内臓表出(自己表出)から、体壁表出(指示表出)が分離する」と見なしていることだ。これは、「霊魂」の成立を意味している。


『吉本隆明 “心”から読み解く思想』

|

« 「沖縄の御嶽草創由来にみる精霊信仰」 | トップページ | 「南島の他界観」(湧上元雄) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/61387133

この記事へのトラックバック一覧です: 『吉本隆明 “心”から読み解く思想』:

« 「沖縄の御嶽草創由来にみる精霊信仰」 | トップページ | 「南島の他界観」(湧上元雄) »