« 自己表出の展開(青木正次) | トップページ | 『魂振り: 琉球文化・芸術論』 »

2015/09/08

ユタの三冊

 ユタに対する関心が高まっているらしい。ここ十年内のことじゃないだろうか。

 琉球新報社の調査では、ユタに悩み事を相談すると答えた人は、2001年で19.4%、2006年には17.1%と減少している。

 地域別にみると、宮古島も減っているが、高い(39.6%(2001年)→23.9%(2006年))。沖縄北部は微増している(18.9%(2001年)→19.6%(2006年))。(『ユタとスピリチュアルケア―沖縄の民間信仰とスピリチュアルな現実をめぐって』

 奄美大島の男性ユタの言葉。

「自然に頭を下げることを忘れるなよ」って神から言われますよ。神や仏から外されても人間は生きていけるけど、自然から外されたら生きていけないでしょ。たとえばね、月と海はひとつなんです。月は海の生命の誕生と死に影響を与えるでしょ。人間は海の満ち潮で生まれて、引き潮のときに死ぬ。自然に合わせて生きてきた人間は、自然に合わせて死ぬんです。太陽と水もまたひとつです。太陽がなければ大地の作物は育たず、雨が降らなければ枯れてしまいます。ともに生物全体に「ありがとう」なんです。これらに対して手を合わせて拝む気持ちが大切なんです。ところが神より人間が「上」だと思っている人が多い。そのくせお金なら10円でももらえると、「ありがとう」っていう。(『「ユタ」の黄金言葉』

 この言葉では、自然と神がほとんど同義に見なされているのが、らしいなと思う。

 奄美大島の葉月まこは、「神繋ぎ」という言い方をしている。説明はないけれど、斎場御嶽、久高島、今帰仁をまわって、祈りをささげている。神繋ぎ、印象的な言葉だ。死者たちをつなぐ。それは生者たちをつなぐ前段になるのかもしれない。(『ユタ』

 ぼくは彼女たちの口から、現代の呪言や神話が発せられるようになるといいと思う。


『ユタとスピリチュアルケア―沖縄の民間信仰とスピリチュアルな現実をめぐって』

『ユタ―遥かなる 神々の島―』

『「ユタ」の黄金言葉―沖縄・奄美のシャーマンがおろす神の声』

|

« 自己表出の展開(青木正次) | トップページ | 『魂振り: 琉球文化・芸術論』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/61285184

この記事へのトラックバック一覧です: ユタの三冊:

« 自己表出の展開(青木正次) | トップページ | 『魂振り: 琉球文化・芸術論』 »