« 『イスラム戦争』(内藤正典) | トップページ | 「沖縄の御嶽草創由来にみる精霊信仰」 »

2015/09/26

「キャンプ地を去る」から「家を去らない」まで

 死者が出た場合の、「キャンプ地を去る」から「家を去らない」まで、の過程を素描しておく。ここで、遊動生活で樹上葬を行っていた種族は、定着生活に入ると、台上葬に変換すると仮定しておく。

 1.遊動
 ・死者を森のなかに移し、種族集団ごとキャンプ地を去る。

 2.定着1(共存)
 ・死者を家のなかに台上葬で葬り、家族は集落内で家を去る。

 3.定着2(区別)
 ・死者を家のなかに台上葬で葬り、骨の処理を風葬場で行い、家族は集落内で家を去る。

 4.定着3(分離)
 ・死者を風葬場で台上葬で葬り、喪屋を建てる。家族は集落内で家をいっとき去って戻る。

 5.定着4
 ・死者を風葬場で台上葬で葬り、喪屋を建てない。家族は集落内で家をいっとき去って戻る。

 6.定着5
 ・死者を風葬場で台上葬で葬り、喪屋を建てない。家族は家を去らない。

Photo_5

 問題は、喪屋を建てることと、家を一時去ることが同期しているか。それとも、喪屋を建て、家を去ることが併行することがあったかどうか、だ。いや、移行としてみれば、ありうるだろう。それより、定着3は、「分離」の段階に対応するのではないだろうか。

 だが、柳田國男は二十世紀に入ってから、久高島について、「死人を大に忌み、死すれば家をすつ。埋葬なし。棺を外におき、親族知己集飲す」(『南島旅行見聞記』)」とメモしている。これは、霊魂思考が強い場合の、3の変形だと考えられる。

 この想定された段階のなかで、本質的に言えることは何か。

 まず、定着2の段階で、死者を風葬場に運ぶのは、死者が「あの世」に行くと考えられたときに、ということだ。そして、定着3の段階で、喪屋は、家は生者のものだと考えられたときに、発生の根拠を持つ。だから、死者を風葬場に運ぶのも、喪屋の発生も、定着2、定着3以外の段階でも起きうると見なせる。

 琉球弧において、「家を捨てる」習俗が長く続いたのは、「分離」が完成していないことと同義なのかもしれない。


『南島旅行見聞記』


|

« 『イスラム戦争』(内藤正典) | トップページ | 「沖縄の御嶽草創由来にみる精霊信仰」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/61376916

この記事へのトラックバック一覧です: 「キャンプ地を去る」から「家を去らない」まで:

« 『イスラム戦争』(内藤正典) | トップページ | 「沖縄の御嶽草創由来にみる精霊信仰」 »