« 「縄文時代の葬制」(大塚和義) | トップページ | 「互酬性・アニミズム・シャーマニズム・トーテミズム」 »

2015/08/15

セジとシー

 『沖縄の御願ことば辞典』から、霊力と霊魂に関する語彙を、セジ、シー、マブイ、タマシーに分けて挙げてみる。

 サー<セジ> 霊。霊力
 シジ<せじ> 神。神霊。不可視の霊力
 ヌーシジ<美御せじ> 神様。セジの敬称。
 シジダカサン<霊力高い> 霊力が強い。
 ウミナイウシジ<おなりの霊> ヲゥナイガミの古語的な敬語

 シー<精> 精。魂。
 シー<セジ> 神。または神仏の霊力。多くは物についた霊力をいう。
 キーヌシー<木の精> 木の神。木に宿る精霊。

 マブイ<守り> 魂。人間の体内(胸部)に宿り、生命や精神作用などをつかさどると考えられるもの。

 タマシー<魂> 魂。霊魂。死者の魂をいう。タマシ(精神)とは別。
 クチタマ<骨魂> 遺骨のこと。敬ってミクチダマともいう。
 クチマブイ<骨魂> 遺骨のこと。クチタマに同じ。

 これをみると、セジーとシーは、同一語の転訛ではないかと言ってみたくなる。人間が他の自然と自身を区別する過程で、サーとシーと分離したというように。

 タマシーは大和言葉の流入によるものと見なされる。骨の信仰に伴う語彙であることも、新しさを感じさせる。

 さらに思うことは、琉球弧の霊力と霊魂は、セジとマブイと言っていいのではないかということだ。

 

『沖縄の御願ことば辞典』


|

« 「縄文時代の葬制」(大塚和義) | トップページ | 「互酬性・アニミズム・シャーマニズム・トーテミズム」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/61077832

この記事へのトラックバック一覧です: セジとシー:

« 「縄文時代の葬制」(大塚和義) | トップページ | 「互酬性・アニミズム・シャーマニズム・トーテミズム」 »