« 祖先崇拝の初源 | トップページ | アリストテレスの『心とは何か』 »

2015/02/20

霊力思考と霊魂思考の基礎づけ

 ぼくたちの考えている霊力思考と霊魂思考は、三木成夫の仕事によって、人間身体からの基礎づけができるように思える。こういう単純化はよくないけれど、対応させてみる。


■霊力思考

1.内臓系

2.植物性器官(腸管系、血管系、腎管系)

3.栄養と生殖

4.こころ・「感応」「共鳴」「心情」・心臓

5.「すがた・かたち」、原形とその変身

6.象徴思考


■霊魂思考

1.体壁系

2.動物性器官(感覚系、神経系、筋肉系)

3.感覚と運動

4.あたま・「判断」「行為」・頭脳

5.「しかけ・しくみ」、機械としての見立て

6.概念思考

 森羅万象の「すがた・かたち」に生命を感じることで霊力思考は生まれ、そこに「しかけ・しくみ」を見ることで霊魂思考は生まれた。

『内臓とこころ』

『生命とリズム』

|

« 祖先崇拝の初源 | トップページ | アリストテレスの『心とは何か』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/60668334

この記事へのトラックバック一覧です: 霊力思考と霊魂思考の基礎づけ:

« 祖先崇拝の初源 | トップページ | アリストテレスの『心とは何か』 »