« 安田とのシニグつながり | トップページ | 「瀧家文書」解説への注記 2 »

2013/12/04

「瀧家文書」解説への注記 1

 『与論島の古文書を読む』から、「瀧家文書」について、先田光演が加えた解説に注記する。


1.表題と作成年

 瀧家文書の表紙は欠落。35pに、「天保七丙申 八月 萬集 持榮」とある。「よろずあつめ」。

 天保四年から八年にかけて記録したものと思われる。(1833~1836年)


2.藩役人の派遣

 1691年。沖永良部島、代官設置。代官1名、附役3名。
 附役の内2名が1名交代で与論島に勤務。御仮屋に居住。代官は、1回/在任中に視察。
 1745年、横目2名。1名は与論島詰。

メモ

 与論島には、代官在任中に一回の視察だから、滅多に来てないということ。常駐は、1年交代の附役。1745年以降はそれに横目が加わる。18世紀目前から1名、18世紀半ばからは2名。横目の在任期間は分からないが、代官は滅多に来ず、附役も一年交代という意味は大きい。代官不在ということは、大和世の象徴の姿を見ることはなく、附役が一年交代ということは、与論に子孫の系列を作りにくいということだ。


3.島役人

 島役人。
 与人(1名/間切)、横目(1名/間切)、掟(1名/村)。
 1727年 12名
 1833年 21名
 1837年 15名(「瀧家文書」内の記載)

 与人、横目、掟以外には、作見廻、溜池見廻、筆子がある。
 この他、島独特の下級役職名として、枡取、屋子貝当、棕梠当、御蔵番、役所番、御高札当、定船頭、船筑、濱居番、垣邊名泊、東泊り・磯瀬戸、案内、検者、村乙名・老者、さばくり。

メモ

 夜光貝の担当までいる。ご大層なことだ。臨時職もあるということか。お役所よろしく仕事を増やしていったということか。

 与論の島役人は、数十人規模か。1831年の人口は、3180人。1833年の島役人数21名を取ると、人口の0.7%。「一八〇〇年前後の大島の島役人の制度上では、概略、人口の約三%、一一〇〇人程度であった」(p.44 弓削正巳「近世奄美諸島の砂糖専売制の仕組みと島民の諸相」2011年)に比しても、とても少ない。

 「垣邊名」。ハキビナに当てた漢字だろう。


4.祭役と祭事

 与論主の他に首里主の記載(「基家系図」)それぞれの役割を推し量ることはできない。与人とは別役だから、これは祭祀に関わる職名ではないか(先田)。

 大掟 集落代表
 親時 日柄見
 堂守 観音堂と弁天堂の管理人
 宮守 東寺や神山などの管理人

 城籠当り シニグ祭の統括者
 高屋当り 聖地高屋の管理人
 城之百(ヒャー) 聖地城の管理人
 嘉陽之百 聖地嘉陽の管理人

 係は全て男性。

メモ

 沖縄北部の集落でもシニグ祭が伝承されている。これも集落の祭祀であり、与論島におけるサークラごとのシニグ祭りや沖永良部島のアタイシニグに相当するものであり、より古層の祭祀であろう。この古層の祭祀の上に、新たな全島の豊年祈願の祭として組み立てられたものが、与論島と沖永良部島ではなかったか。即ち二段階のシニグ祭を想定してみた。(p.242)

 これはその通りだろう。与論シニグは、仮面仮装の来訪神儀礼、豊穣祭、氏族の祭儀としての側面を持つ。それを農耕の共同祭儀として編成したのは、島の統治者である。与論シニグの仮面仮装は、まるで植物を盗まれたみたいに形骸しか残されておらず、起源像からはるかに遠ざかってしまっているが、歴史を物語るものはこれしかないと言ってくらい貴重であるには違いない。

 「嘉陽」は、何の聖地なのだろう。

|

« 安田とのシニグつながり | トップページ | 「瀧家文書」解説への注記 2 »

コメント

 与論で「嘉陽之百 聖地嘉陽の管理人」って言うのは興味ありますね。

 「嘉陽」は、名護市東海岸の集落ですが、特に突出した聖地でもなく、グスクとノロ殿内などがあるごく普通のシマですね。
 ただ、多くのノロが複数の集落を管轄しているのに対し、嘉陽ノロは自身の集落のみを管轄しています。
 「嘉陽之百」は、たんに嘉陽出身、あるいは首里から嘉陽に派遣された役人なのでしょうか。

 それと、与論で唱えられる「うくやま ぴどやまぬぬ ししぬ まーまんなー(奥山辺戸山の猪の真中)」は、ヤンバルの神歌と繋がっているんでしょうけど、敵の回し者であるイノシシやネズミを追い払う目的が「シヌグ・シニグ」にあるとすれば、ヤンバルに侵入した敵に対する、与論からの掩護射撃のようにも思えます。

投稿: 琉球まつ | 2013/12/04 10:46

琉球松さん

先日、琉球松さんが「嘉陽」のことを指摘した時も、つながりを感じてどきっとしていました。

「嘉陽」が聖地であるのを知らなかったので、調べていきます。


> ヤンバルに侵入した敵に対する、与論からの掩護射撃

与論人(ゆんぬんちゅ)は、弱小感いっぱいなので、こういう視点は絶対に出てきません。面白いです。^^

投稿: 喜山 | 2013/12/04 16:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「瀧家文書」解説への注記 1:

« 安田とのシニグつながり | トップページ | 「瀧家文書」解説への注記 2 »