« 「とーとぅがなし」の島から琉球弧の「ありがとう」へ | トップページ | 沖縄の「神拝み」と与論シニグの神路 »

2013/11/27

琉球弧の「ありがとう」分布

 琉球松さんの示唆を助けに、琉球弧の「ありがとう」分布をみると、確かに方言周圏論で説明できる部分がある気がしてくる。


Photo


 琉球弧の北と西に、「誇」系が分布し、その内側に「拝」系が分布している。そして、その中間域に、「尊」、「頼」、「孵」が来るが、中間域に位置する語は、他には分布していない。

 「誇」系 喜界島(ウフクンデール)、与那国島(フガラッサ)、徳之島(オボラダレン)、奄美大島(オボコリダリョン)、石垣島(フコーラサーン)
 「拝」系 沖永良部島(ミフェディロ)、沖縄島(ニフェーデービル)、八重山(ミ(ニ)-ファイユー)

 「尊」系 与論島(トートゥガナシ)
 「頼」系 宮古島(タンディガタディ)
 「孵」系 宮古島(スィディガフー)

 大和言葉が琉球弧に流入して、その受容と創造のなかに、最初に生まれたのは「誇」系であり、最後に生れたのが「拝」系だった。「拝」系は琉球王府の近傍から生まれたのかもしれない。そして、琉球王府近傍からの言葉の伝搬が及んでも、それがその間に生まれた言葉を代替しなかったのが、「尊」、「頼」、「孵」の言葉たちになる。

|

« 「とーとぅがなし」の島から琉球弧の「ありがとう」へ | トップページ | 沖縄の「神拝み」と与論シニグの神路 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/58635237

この記事へのトラックバック一覧です: 琉球弧の「ありがとう」分布:

« 「とーとぅがなし」の島から琉球弧の「ありがとう」へ | トップページ | 沖縄の「神拝み」と与論シニグの神路 »