« 信仰集団としてのプカナ | トップページ | 平安座島つながりの切ない昔話 »

2013/11/30

国頭との恋人つながり

 与論には実話と民話が二重写しになった話がたくさんある。英雄時代のふたり、ウプドーナタ(大道那太)とサービマートゥイもそうだ。

 ウプドーナタについては、漢字も当てられているが、そのように実話の要素もふんだんに持っている。ナタは、北山王に仕えていたが、情勢が不安定になり難を逃れて与論に渡ってきたという。北山では那太大主(うふすう)と呼ばれていたほどの実力者だった。ここに史実を重ねようとすると、北山滅亡後、北山監守が置かれ、統治者が交代する政変の頃が想定される。

 ウプトーナタは、その末裔の子孫も健在で、今もナタを祭っている。ナタが建てたという家屋や高倉、太刀と太刀箱、留め金にデザインの施された衣装箱、そしてなんと言っても墓があり、実在の人物であることを補強している。

 民話が接ぎ木されるのは、英雄譚のなかでだ。「どこかの国の軍船が攻めよせてきた」ことに頭を痛めた琉球の王様は、与論のウプドーナタの評判を聞き、ナタに助けを求める。

 王さまは、ナタを近くによんで、知恵と力を貸してくれるように頼みました。
 ナタは、王さまに、
 「敵を打ちはろうのに、みな殺しにしましょうか。それとも、おどして追いはらうことにしましょうか」と尋ねました。
 王さまは、
 「まず、おどすことをさきにはかってもらいたい」
 といわれました。
 そこで、ナタは大弓に矢をつがえ、敵の大将の乗っている軍船めがけて射はなしました。
 ちょうどそのとき、敵の大将は昼食の膳に向かって箸をとろうとしているところでした。
 ところが、ナタの放った矢は、ねらいたがわず、大将の高膳真ん中に突きささりました。
 放たれた矢は、片手では持ちげられない大きな矢でした。敵の大将は、顔色をかえて驚きました。
 これでは勝ち目はない、そう思って、いかりを切って逃げました。
 王さまは、たいへん喜び、ごほうびにお姫さまをナタにくれたということです。(栄喜久元『奄美大島 与論島の民俗語彙と昔話』1971年)

 ここに言う王は、首里の王とは名指されず、異国も不明のままにされているが、琉球の王といいうことだけは、はっきりしている。民話の語り手にとって、琉球とのかかわりのなかにあることが自覚され、そして大切な要件として数え上げられていたということだ。琉球の王に頼まれて敵を退け、王の娘をもらう。まさに英雄譚らしいプロットだ。

 これに比べて、サービマートゥイは、墓の存在が実話を思わせるところだが、逸話は民話のそれで、しかもウプドーナタに比べて、日常的なエピソードを多く持っている。たとえば、荷物運びにあえいでいる牛を見かねて、牛の前足を肩にかついで坂を上ったり、稲刈り競争をして、八人がかりでもマートゥイが勝ったり、海のムヌ(妖怪)を追い払ったりと、より身近で民話らしい世界のなかに生きている。

 けれど面白いことに、サービマートゥイはウプドーナタの友達であったとされ、そのつながりから、サービマートゥイも北山由来の者として語られることもある。そして、二人が友達であったことを示すのは、マートゥイは国頭の奥に恋人がおり、「日が暮れると友だちのウプドーナタといっしょに、それぞれ、小舟を漕いで海を渡って」行き、明け方に、めいめいは舟を漕いでハキビナの浜に帰ってきたという。

 与論の南の浜辺と国頭の奥は、距離にして15kmほどある。それを、夜に舟で繰り出し恋人に会い、また明け方、奥からハキビナに戻ってくる。まるで隣り村に行くみたいに。ぼくたちはここで、フィクションとして、民話を聞く構えになるのだが、実はそうではないのかもしれない。当時の島人は海人でもあってみれば、これはそうできたことかもしれない。多少の誇張は含まれているにしても、これは民話だと退けないほうがいい気がする。ぼくたちが思うほど、与論と奥は隔てられておらず、盛んな行き来があったことが、このエピソードの背景にはあったのだ。ちなみに、ウプドーナタが作らせた家は、奥のそばの山から切って自分で運んできたものだと言われている。

 二人の墓は、ウプドーナタが国頭墓(クンジャンバー)、サービマートゥイが安田墓(アダンバー)と呼ばれ、両方とも国頭の地名を付けられ、沖縄島の見える場所に立てられている。これは恋人のいる方へ顔を向けているというよりは、自分たちの出自につながりを求めたのだと思える。

 島の浜辺から奥に繰り出し、またハキビナやメーバルに戻ってくるウプドーナタとサービマートゥイにとって、その海に国境や県境が引かれることなど、想像もしなかったに違いない。しかし、国境のあった時も、県境の引かれた今も、それは関係ないと思わせてくれるのが、彼ら二人の昔話なのだ。


Photo

|

« 信仰集団としてのプカナ | トップページ | 平安座島つながりの切ない昔話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国頭との恋人つながり:

« 信仰集団としてのプカナ | トップページ | 平安座島つながりの切ない昔話 »