« 「与論おもろ」は十四点 | トップページ | 花城の周辺 »

2013/10/14

花城真三郎の系譜

 1470年の第二尚氏の成立以降、与論主となったのは又吉大主とされる。「基家家系図」には、「沖屋賀武伊」が、当時48歳の又吉大主に官位をが授けている。先田光演の『与論島の古文書を読む』の助けを借りると、「沖屋賀武伊」は「おぎやかもい」と読むが、これは尚真王のことだ。尚真王が編纂を命じたのだから当然だが、「おもろそうし」にも尚真王、「おぎやかもい」を賛美する歌謡は多数ある。最初に書かれたのは、奄美大島笠利を攻撃した次のおもろだ。

一 聞得(きこゑ)大君(ぎみ)ぎや
  天(てに)の祈(いの)り しよわれば
  てるかはも 誇(ほこ)て
  おぎやか思(も)いに
  笠利(かさり) 討(う)ちちへ みおやせ
又 鳴響(とよ)む精高子(せだかこ)が

[訳注]

名高く霊力豊かな聞得大君が、天の祈りをし給うからには、太陽神も喜び祝福し給うておられる。尚真王様に笠利を討って奉れ。(4 『おもろさうし』

 また、又吉もまた、「おもろそうし」に登場する。それも、与論にとって馴染みのある「ぐすくま」の名とともに出るのが、四点、続く。

一 城間(ぐすくま)の大親(や)
  又吉(またよし)の大親(や)
  京(きやう)の内(うち) 歓(あま)やかせ
又 今日(けお)の良(よ)かる日(ひ)に
  今日(けお)のきやかる日(ひ)に

(1062 巻十五)

一 城間(ぐすくま)の真庭(まみや)に
  首里赤頭部(しよりあくかべ) 持(も)ち成(な)ちへ
  金(こがね)の真玉(まだま)の御柄杓(みしやく)
又 又吉(またよし)の真庭(まみや)に

(1063 巻十五)

一 城間(ぐすくま)の真山戸(まやまとう)
  実(げ)に 見(み)物 おわちゑる
  依(よ)り笠(かさ)が 気(けお)の踊(よ)り 見物(みもん)
又 又吉(またよし)の腰当(こしや)て子(こ)

(1064 巻十五)

一 城間(ぐすくま)の蒲葵杜(こばもり)
  蒲葵杜(こばもり)む よむいきやす
  腰当(こしや)て思(も)いが
  よしみよわば 淀(よど)しよわ
又 又吉(またよし)の蒲葵杜(こばもり)も

(1065 巻十五)

 グスクマ・サークラのグスクマとは、「城間」であり、又吉大主の「又吉」から来ていると思われる。ぼくなどは単純に、首里王府の官吏が与論主になっていること自体に驚く。

 二代目は、幼名、花城真三郎。花城与論主として知られる。花城真三郎は、首里で生まれ二十一歳で与論に来島している。『与論町誌』の「基家家系図」には、「御親父又吉大主より」とあるから、又吉大主の子が花城真三郎だということになる。花城真三郎が与論主になってのは1525年だと『与論町誌』には記されているが、ぼくは出典の原文が確認できていない。

 確認できるのは、又吉大主が「与論主」の官位を受けたのが、1512年。その子、花城真三郎が与論に来島したのが、21歳の時ということだけではないか。

 与論に触れた文章のなかには、花城真三郎が尚真王の次男尚朝栄であるという記述が見られるが、これらは虚偽と言わなければならない。ただ、首里王府の中枢からの派遣であったことは確かだと思える。


|

« 「与論おもろ」は十四点 | トップページ | 花城の周辺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花城真三郎の系譜:

« 「与論おもろ」は十四点 | トップページ | 花城の周辺 »