« 与論島は鳥島と交換されたか? | トップページ | ただいまフバマ »

2013/10/30

「ゆいまーる琉球の自治 in 与論島」

 急速に色んなことが決まり、内心ほっとしています。台風後の疲れを癒すという余裕もない時に、島の人には申し訳ない気もするのですが、束の間、日常を離れた時間を提供できればと思っています。

 ぼくの発表の五つの謎、というのは次のことです。

1.最初の「ゆんぬんちゅ」は誰?
2.「ゆんぬ」はどういう意味?
3.「ゆんぬんちゅ」はどんな人たち?
4.なぜ、「与論」というの?
5.「かいふた」はどういう意味?

◇◆◇

「ゆいまーる琉球の自治 in 与論島」(11月2日土曜)
場所:中央公民館

10:00-12:00
主催者挨拶:松島泰勝
発表1:「長崎県口之津、沖縄県西表島(炭鉱)に移住した与論島民」(前利潔)

13:00-16:00
挨拶:藤原良雄
発表2:「ゆんぬの冒険-五つの謎に迫る-」(喜山荘一)
発表3:「先祖のくらしをふりかえる」(竹内浩)

Flyer3


|

« 与論島は鳥島と交換されたか? | トップページ | ただいまフバマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ゆいまーる琉球の自治 in 与論島」:

« 与論島は鳥島と交換されたか? | トップページ | ただいまフバマ »