« 遠のいた成熟のなかでの綱渡り | トップページ | 境界が溶けるときの放心 »

2012/12/30

『むかし原発 いま炭鉱 』

 今年出版された『むかし原発 いま炭鉱 - 炭都[三池]から日本を掘る』には与論島のことも一つの章が割かれて出てくる。

 与論人夫たちの賃金は安かった。一緒に働いていた朝鮮の人夫よりも安かったそうだ。とても暮らしてはいけず、仕事の合間に付近の山畑を耕し、自分たちの食べるさつま芋や野菜をつくり、豚や山羊を飼っていた。(p.267)

 与論から移住した民の炭坑での過酷な労働や賃金格差の歴史をぼくたちは知っている。けれどこの本のなしたことはこうした史実に止まらず、炭坑が原発の構造と似ていることを浮きぼりにしたことだ。

 今回の原発事故で見た光景は、私がかつて炭鉱の出来事として知っていたこととあまりに似ていた。
 福島第一原発の水素爆発であがる白煙と三池炭鉱の炭じん爆発の黒煙、さらに、爆発で吹き飛んだ、原子炉を囲む建物と坑口前の建物。
 日本を動かすエネルギーを掘り、つくり出してきた末端の労働者たちが、国の政策の中で翻弄されている。そして炭坑は廃坑になり、原発は廃炉になる。
 そう思いながら、日々流される記者会見を見ていた時にはっとした。
 そのままなのだ。
 情報を隠して出さない今の政府を当時の政府に、電力会社を鉱山会社に、マスコミなどで“安全”を主張、解説をする原子力工学や医学の専門家たちを、当時の政府調査団の団長ら、御用学者と言われた鉱山学者たちに置き換えるだけでいい。(p.404)

 これがまっすぐに『むかし原発 いま炭鉱』という書名に重なっている。

 ぼくがこの本を知ったのは、雑誌「SIGHT 2013 WINTER」のなかでだった。今年の本を特集するなかで語られた高橋源一郎の言葉。

 そのあともずうっと治療しなきゃならないし、あともうひとつは強制連行されてきた中国人とか朝鮮の炭坑労働者問題。日本人労働者より遥かに過酷な環境にいたので死亡率も圧倒的に高い。与論島から来た労働者も差別をされて、日本人に比べて給料が7割ぐらいだったとか。だから与論って日本じゃなかったわけだよね。そういった差別の問題があって、事故があって後遺症が残って、裁判がずっと続いているんだけど、この裁判が、日本の他の公害裁判と全部一緒。つまり国と会社と学者が一体化して行われていく。水俣病のときも、炭坑も一緒。そして今回の原発も全部一緒なんです。(p.156)

 高橋もこの構造の同一性に驚くわけだけれど、ぼくはここで与論が言及されているのに驚いた。そう、その通り、「与論って日本じゃなかった」のだという認識に共感をしながら、ぼくたちはまたぼくたちが考えていかなければならないテーマの色合いを再確認するわけだ。


|

« 遠のいた成熟のなかでの綱渡り | トップページ | 境界が溶けるときの放心 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/56417280

この記事へのトラックバック一覧です: 『むかし原発 いま炭鉱 』:

« 遠のいた成熟のなかでの綱渡り | トップページ | 境界が溶けるときの放心 »