« 「試行」での原発問題への発言を振り返って | トップページ | 箴言 »

2012/10/29

裾礁型サンゴ礁の類型化

 「地形的特徴と海水循環流構造特性に基づく裾礁型サンゴ礁の類型化」が試みているのは、サンゴ礁を「保全・管理」するために「負荷量の把握のみならず、河口等を介し海域へ供給される負荷物質がサンゴ礁海域内、特に礁池内でどのような挙動を示すかを把握する」ために裾礁を類型化することだ。

 キーワードになっているのは、reef-cell と wave set-up。

 reef-cell は、「海水循環流構造」のことで、裾礁内でどのように海水が循環しているかを示すもの。そのreef-cell を引き起こすのが、wave set-up。 wave set-upは、「礁嶺での砕波によって引き起こされる」波の前進のことだと思われる。

 研究者たちによれば、これによる裾礁は四つに類型化される。

1.礁嶺型海岸 ・波当たりが比較的強い海岸によく見られる。 ・礁嶺の発達は良いが、海岸線から礁縁までの距離が小さく、礁池の発達が悪いか礁池が存在しない海域

2.礁嶺-礁池型海岸
・波当たりが比較的強い海域で確認できる
・礁嶺の発達も良く、礁嶺の内側に礁池を有する
・礁池と外洋とは、発達した礁嶺によって明瞭に区分でき、チャネル(沖縄での呼称を「クチ」と言う)を有する

3.平坦礁原型海岸
・波当たりが比較的弱い海域で確認できる
・礁池(主に砂場)と礁原(サンゴが生息できる岩盤帯)が明確に区分できない

4.準礁湖型海岸
・波当たりが比較的悪い海域で確認できる
・沖合いに離礁群が確認でき、海岸と離礁の間には礁池以外に礁湖的なくぼみが見られる

5.V字谷型海岸
・断層や沈水谷によって形成されたと思われる湾入部と岬に挟まれた海域
・最湾奥には河口が接続している

 たとえば、「礁嶺型海岸」は、沖縄のやんばる。「礁嶺-礁池型海岸」は、石垣島の東側。「平坦礁原型海岸」は、宮古島の西岸南側。「準礁湖型海岸」は、西表島の北岸。「V字谷型海岸」は、西表島の西岸。などが典型。

 これらのリーフ地形特性により、wave set-up の空間的なコントラストが生じ、それによって地形的特性に対応したreef-cell が形成される。

 わが与論島は、多くが「礁嶺-礁池型海岸」で構成され、南岸に「礁嶺型海岸」を持つ。これらがサンゴ礁の「保全・管理」を見通すための基礎類型だということになる。

 論文はここまでなので、これがどのように生かされるかを知りたいところだが、備忘のためメモしておく。(「地形的特徴と海水循環流構造特性に基づく裾礁型サンゴ礁の類型化」2011。金城孝一・有田和宏・灘岡和夫・仲宗根一哉)。

|

« 「試行」での原発問題への発言を振り返って | トップページ | 箴言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/56000104

この記事へのトラックバック一覧です: 裾礁型サンゴ礁の類型化:

« 「試行」での原発問題への発言を振り返って | トップページ | 箴言 »