« ヨロンマラソン-世界一ゆるくてあったかいマラソン | トップページ | 『薩摩藩の奄美琉球侵攻四百年再考』 »

2011/03/12

反復のなかで

 去年から今年にかけては、1995年から96年の再来のようだと、常々感じてきた。言ってみれば、95・96年は、インターネットという新しい世界がPCを舞台に始まり、10・11年は、ソーシャルネットという新しい世界がPCに加えて、それ以上にモバイル(スマートフォン)を舞台に始まろうとしている。再来だと思うのは、これまでになかった新しい世界が感じさせてくれる高揚のことだった。インターネットは、今までつながらなかったものがつながるという点で、そしてソーシャルネットは、つながるというだけでなく、それが場所を選ばなくなり、かつ人間関係化されるという点が、新しさの中味だ。

 でもぼくは、その高揚のなかで、もうひとつのことが再来にカウントされるとは思ってもみなかった。言うまでもなく、阪神・淡路大震災のことだ。あのときぼくたちは、もうこれまでのようにはいかないという、社会の大きな曲がり角を感じた。地震がもたらした甚大な被害に、ぼくたちは不安定で暴力的な地面に上にいるという不安を改めて感じた。それがここでふたたび来ようとは。つい昨日、発生し、「東北地方太平洋沖」という名で呼ばれようとしている地震は、M8.8という観測史上最大の、やはり大地震と言うべきものだ。今回も、不安定な地面を感じさせるものであり、それは関東にいるぼくも東京に住んで以降、最大の揺れとして実感することになったが、今回、暴力的なのは地面というだけでなく、海だった。津波は街をさらってしまい救助はまだ始まったばかりだ。島のみんなも津波を避け高台の施設に避難したと聞く。

 そして書きたくはないけれど、思い起こさずにはいられないのが、95年に起こり衝撃を与えたもうひとつの出来事、オウム真理教による地下鉄サリン事件のことだ。あそこでぼくたちは、無差別に無辜の人が殺傷されることがありうる社会になったということを思い知らされた。阪神・淡路大震災とオウム真理教地下鉄サリン事件と。不安は地面だけでなく、人間にも及び、敗戦から半世紀経ったあの年、日本の社会は大きな曲がり角を迎えたと感じざるを得なかった。

 あの時、ぼくたちは自分たちが間違っていたのではないかと感じたと思う。それは、経済的な豊かさは精神的な豊かさ、幸福を必ずしももたらさないということだったはずだ。はずだ、と言うのは、こと地震に関していえば、研究も備えも、ぼくたちは学ぶものを持ってきたと思うのだが、経済的な豊かさが精神的な豊かさに直結しないということに対して、脱却できたとは到底思えないからだ。

 ただ、反復のなかで可能性は感じる。思い出せば、阪神・淡路大震災のとき、各種メディアが断絶された状況のなかで、パソコン通信や当時、まだ耳新しかったインターネットが、被災の状況を伝えていたのだった。今回、電話もメールもつながらないなかで、ツイッターやFacebookといったソーシャルネットのメディアが、安否の確認や励ましに使われている。ぼくもゆうべ、都心からの徒歩帰宅のさなか、ツイッターで状況を把握したり励まされたりして助けられた。スマートフォンの電池が切れたあとは、ふだん使わない携帯を取り出してまでアクセスしないではいられなかった。つながっているという実感がほしかった。

 相互扶助が途絶えそうになったところでオウム真理教による地下鉄サリン事件は起きたとすれば、今回の反復のなかで、少なくとも取り戻そうとしているものがある。それは反復ではなく、回復だったと歴史に記せるようにしたいと思う。散乱した本を片づける気になれずに夕方まで過ごしてしまったが、その前に書いておきたかった。



|

« ヨロンマラソン-世界一ゆるくてあったかいマラソン | トップページ | 『薩摩藩の奄美琉球侵攻四百年再考』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 反復のなかで:

» ★重苦しい心を癒す映像に感謝します。 [★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★]
★重苦しい心を癒す映像に感謝します。震災、津波に被災された方々へ、心から御見舞い [続きを読む]

受信: 2011/03/24 00:19

« ヨロンマラソン-世界一ゆるくてあったかいマラソン | トップページ | 『薩摩藩の奄美琉球侵攻四百年再考』 »