« 与論島、2010年夏(2) | トップページ | クントゥグンジュウ »

2010/09/25

「田中一村 新たなる全貌」

 秋分の日に、千葉市美術館で「田中一村 新たなる全貌」を観た。田中一村については、未明を彷徨っている奄美をその絵によって広場に出して紹介してくれたという恩義の他には、中央画壇に受けいられず背を向け、奄美大島に移住し、無名のまま世を去ったという来歴から、癇癪持ちの孤独で孤立した画家という印象を抱いてきた。いまもそれ以上の知識を持ち合わせているわけではない。

 「新たなる全貌」で初期の作品群から辿って驚くのは、「花」と「鳥」のモチーフで貫徹されていることだ。繰り返しくりかえし飽くことなく何度もなんども花と鳥は描かれる。なるほど「花鳥」とはこれを指すのかと、伝統の実態を初めて観る想いだった。水墨画として描かれたものなどを合わせれば、これらは当時の日本画の暗黙のしきたりであったのかもしれない。たとえば、「花」の系列に属する竹の葉の図を観てみると、一番手前のものは濃い色で描かれ、その後方の葉はやや薄く塗られている。そのもっと後ろになるとさらに薄くなり、その後ろにまでいくと、さらに薄くというよりぼかして溶かされてゆく。これは立体感を出すためだろうが、それ以上に、竹の葉の気配を浮かび上がらせるためにそうしているのではないか。それは山水画や水墨画として描かれた山や岩などの自然が空や海と溶け入るように境界をぼかされているのと似ている。

 それに対して「鳥」はあくまで精緻だった。目の周りの毛も一本たりとも描き逃すまいとする執念が付きまとう。初期の代表作である「白い花」でも、左下にたった一羽、描かれた虎つぐみが作品のアクセントをなしているというより、虎つぐみを描きたくて、画面一杯の白い花とその樹木は選ばれたのではないかと思える迫真があった。真横、正面、そして羽繕い。そうした向きが好まれながらも、鳥の存在感は他を圧倒していた。奄美大島は鳥を追って辿りついたのではないかと思えるほどだった。彫の深さは南の島人のものだと思ってきた一村の顔も、むしろ鳥に似ているように見えてくる。

 一村にあっては、人よりも鳥、人よりも樹木であった。千葉の田園風景を描いた作品では、農夫もしばしば登場し、展示の解説には彼らへの優しい眼差し、愛情が感じられるとあるのだが、観る者には、それらは添え物であって、描きたいのは人物を取り巻く大きな自然物たちであり、鳥なのだ。鳥と人とが横並びに描かれるときもそうで、軍鶏と闘わせている農民の場面でも、人の抽象と軍鶏の具象の差は歴然としている。これはなにも、一村が人に冷淡であったというのではない。彼の関心は、花と鳥に向けられていた。むしろ、鳥を大きく描く時、どこかでこんな人物に会った気がするという擬人化が施されるのだ。あの、立ち姿の軍鶏やガジュマルに止まる梟などがそうだ。

 田中一村の絵を初めて直に観たのは、十数年前、奄美パークの展示においてだった。その時の印象は「暗い」ということだった。ぼくなどが思い描く亜熱帯の自然は、なんといっても陽光に照らされた明るさである。熟したアダンの実はオレンジに輝いてるはずなのに、一村のアダンの実はオレンジが後退してむしろ黄として塗られる。これでは淋しい、これはぼくの感受する亜熱帯の自然ではない。そう感じられてくきた。一村の描く奄美の自然は、奄美の歴史のように暗くさびしく、自然を通して奄美の歴史を描いたのではないかと思えてくる。しかし、この見なしはたぶん当たっていない。

 一村が大島へ移住したのは人生の後半期であり、その年齢に、あふれ出るような生命がみなぎっている昼間の原色の世界は、浸透圧で内部が一気に占拠されてしまいそうでバランスが取れないから、色落ちした自然を描いたのかもしれなかった。あるいは、闇が迫る夕暮れ時を彼が好んだからかもしれず、山水画や水墨画にもなじんだ来歴が色を落とさせたのかもしれなかった。

 けれど、晩年の代表作「不喰芋と蘇鐡」(クワズイモとソテツ)はそうではない。そこに強烈な陽光こそ差し込んではいないが、蘇鉄の葉は、これからピンと葉を伸ばす前の弱く柔らかい幼さを保っている。クワズイモの葉も陰影のある緑が際立っている。同行の友人は、アンリ・ルソーの絵に似ていると見せてくれたが、その通りの緑の存在感だった。実の赤も深く、朽ちる前のものは毒々しいほどだ。蘇鉄の雌花、雄花の赤茶も黒ずんではいない。ここには確かに奄美の自然がある。

 そしてこの絵には、あれほど執心して止まなかった鳥の姿もない。生涯の作品を辿ってくると、鳥の不在は作者の抑制が効いていることを教える。鳥がいてはならない、鳥に頼ってはいけない、と一村は思ったはずである。植物の葉の向こうには海に浮かぶ立神が見える。そして解説によれば、絵を描いているこの場所は、御嶽(ウタキ)に当たっている。ここは島の人にとっては、立神という中心地を臨み、神事を行う聖地の境界なのだ。一村は島人の視点に同化してこの作品を描いている。資格のある者だけに許される神事の場所に居座り描くことはともすれば冒涜を感じさせただろう。しかし、この作品はそう感じさせない。それは、クワズイモの実が成長し朽ちるまでの循環を曲線に配置し、かつ同居することのない蘇鉄の雌花と雄花を左右に配して時間を凝縮させたことと、地霊的な場の力に負けまいとして湧き出た原色の力とが、聖地の重みと拮抗しているからだと思える。一村は自身に残る生命のほとばしりをこの絵に移しこんだだろう。ここでは、その初期に後景をぼかして自然を空間に溶解させる技法は見られない。むしろ、自然はその輪郭を際立たせている。

 田中一村は、花鳥画の伝統をついに出ることはなかったのだろうか。いや、彼は出ることの代わりにどこまでもその中にのめり込み、鳥や植物たちと語り合う世界に近づいていった。一村自身が自然との同化を感じればこそ、描くものたちを空間に溶解させる必要はなかったのだ。そしてそうするのに奄美大島という舞台はこのうえなくふさわしかった。

|

« 与論島、2010年夏(2) | トップページ | クントゥグンジュウ »

コメント

田中一村!とても気になる技巧派の画家ですね。私は写真をやっていた時、「キミの作品はなぜそんなに暗いのだ」と聞かれ、すぐにこう言い返しました。「私を取り包む空気が、時間が暗いからです」と。“暗い”は世界認識の上で褒め言葉でした。……一村の絵は華やかなようで“暗い”。では、世界認識の上でか?否と私は思います。一村の絵は自己投影の傾向が強く、目が内を向いています。“一村は島人の視点に同化してこの作品を描いている”と、私には思えないのです。だから、心の底からドキドキする感動がありません。本物を観ていないいい加減な私の感想でした。なぜ、悲しさ、虚しさを感じるのでしょうか?なぜ、奄美だったのでしょうか?はっきり言えることは、一村は奄美に身を投じたという事実です。やはり、“聖地”を感じたのかな?

投稿: tssune3 | 2010/09/28 22:47

 私は同じ日、雨の降るなか、お昼過ぎに会場に辿り着きました。夕方まで会場にいましたから喜山さんと会場ですれ違ったかもしれないですね。
 私は新宿の三越(だったと思いますが)以来何十年ぶりかで作品と対面しましたが、「新たなる全貌」という展覧会の表題には同意します。一人の孤高の天才の生涯を通した作品を通覧できたと実感したからです。
 
 >、その初期に後景をぼかして自然を空間に溶解させる技法は見られない。むしろ、自然はその輪郭を際立たせている。

 ★同意です。そこに一村の新境地が見事に表現されていると思います。

 >田中一村は、花鳥画の伝統をついに出ることはなかったのだろうか。いや、彼は出ることの代わりにどこまでもその中にのめり込み、鳥や植物たちと語り合う世界に近づいていった。一村自身が自然との同化を感じればこそ、描くものたちを空間に溶解させる必要はなかったのだ。そしてそうするのに奄美大島という舞台はこのうえなくふさわしかった。

 ★そこで私は一村の孤独という心象に関心をもちます。アンリ・ルソーとの比較はよくわかりますが、一村という画家が辿り着いた境地は、やはり独自の世界を築き上げていると思います。生涯独身だったことは弟の才能を信頼したを姉への擬似恋愛によるのかもしれません。亡き姉の顔のスケッチが痛ましく思いました。

投稿: アカショウビン | 2010/10/02 16:44

見に行かれたんですね~!!
地元で開かれるなんて~と絶対に行きたい!と思っていたのですが・・・予定も体調も会わずに断念・・・喜山さんの記事を読んで、さらに悔しいな~と思いました。

自分が観た感想を話してみたかったです。

今度はどこでやるんだろう・・・
奄美大島まで行かないとだめかなぁ~

投稿: kemo | 2010/10/05 11:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「田中一村 新たなる全貌」:

« 与論島、2010年夏(2) | トップページ | クントゥグンジュウ »