« 401年問題 | トップページ | 「徳之島への米軍基地移設に反対する小さな声」 »

2010/04/18

160Q時制からの脱出

 『1Q84 BOOK 3』は、主人公の二人が1Q84年を脱出して1984年に帰還するところで終わる。入ってしまった入口を出口として逆から辿り直すことによって。

 強引な引用だけど、奄美は、奄美が160Q時制から脱出するのはいつ、どのようにだろう。仮に徳之島への基地移設問題を160Q時制から生じるものと捉えれば、隣の沖縄島も160Q時制の中にいるのが分かる。あるいは加計呂麻島の伐採計画もそうかもしれない。

 しかし二人の主人公が帰還した1984年が、もとの1984年ではないことを示唆して終わるように、160Q時制からの脱出は、現在の2010時制のなかにはないと思える。少なくとも、そこは「近代」ではない。


1q843_2

|

« 401年問題 | トップページ | 「徳之島への米軍基地移設に反対する小さな声」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 160Q時制からの脱出:

« 401年問題 | トップページ | 「徳之島への米軍基地移設に反対する小さな声」 »