« 「何をされようがたたかれようが」 | トップページ | 「与論島民移住100周年式典」 »

2010/03/28

「米軍基地徳之島移設反対群民大会」

 minamikaze123さんがツイッターで中継してくれた「米軍基地徳之島移設反対群民大会」。

 「全国運動に 奄美の同朋よ、今結集を!!」と呼びかけている。

米軍基地移設反対集会すでに 人 人 集結しています

米軍基地徳之島移設反対群民大会

米軍基地徳之島移設反対群民大会 2

米軍基地徳之島移設反対群民大会 3 報道各社も集結この模様は本日中に全国に報道されます。島は断固売らない!

米軍基地徳之島移設反対群民大会 4

米軍基地徳之島移設反対群民大会 5

米軍基地徳之島移設反対群民大会 6

 この場での発言ではないが、群島の議長会長の言。

 群島の議長会長を務める町田末吉・与論町議会議長は、「奄美は一つ、との思いから群島民の危機感は強い。沖縄の痛みは承知しているが、集会などの行動で、奄美の思いを強く内外に訴えたい」と述べた。(反対の動き広がる 西之表で集会「静かな郷土残す」3月27日 読売新聞)

 「沖縄の痛みは承知している」という発言は、与論らしさが出ているが、ここに言及できるなら、沖縄の負軽減、解消も、同時に言及してほしいと思う。


|

« 「何をされようがたたかれようが」 | トップページ | 「与論島民移住100周年式典」 »

コメント

 そうですね。
常日頃からそう思っています。
押し付け合いでは、
何時の政権になっても解決できません。
環境問題も  同じですかね・・・。
 自衛権の問題にまで発展するでしょうか?
自衛隊云々でしょうが、
この件では あまり持論を持っていません。

 議長宅に桜の木を一昨日植えてきました。
奄美の議長が本町の議長なんですよね。
与論町ももっとしっかりした  輿論を  とおもってしまう。

投稿: awa | 2010/03/30 04:54

自民党・小池百合子元防衛相は辺野古沿岸部につくれと言ってます。
http://twitter.com/ecoyuri/status/11138620870

投稿: kayano | 2010/03/30 05:33

SACO合意で普天間の辺野古移設を受け入れた(故)岸本元名護市長と稲嶺前知事の受け入れ条件は15年使用期限と基地使用協定での運用機種制限が前提であったが日本政府に無視された。
普天間の県外移設、無条件返還を求めるならば海兵隊の全面撤退を求めるのが筋であり沖縄駐留の理由である基地施設区域の無期限自由使用に歯止めを掛ける日米安保条約、地位協定の包括的な見直しを米国と交渉し沖縄本島北部に集中する訓練施設の全面返還を求めるのが前提条件である。
鳩山政権の模索する米国との合意と同時に沖縄県民の理解を得られる解決策は現実的に有り得ない。米国との合意を求めるにはSACO合意で辺野古移設を決めた際に米軍の求めた要件、ヘリ部隊と連動するKC-130空中給油機の運用可能な1300m滑走路と港湾施設が必要である。
それは上に挙げた訓練施設、北部訓練場、キャンプシュワーブ、キャンプハンセンへの兵員、物資機材の搬入に現在の那覇軍港、ホワイトビーチ、天願桟橋からの混雑する市街地経由を避ける為に必要な要件である。
閣僚の発言でも分散移転とか訓練の分散とか海兵隊の実態を知らない意味不明な妄言が目立つ。何よりも治外法権的米軍優先の無期限自由使用に歯止めを掛ける為の米国との交渉に本気で取り組む姿勢が全く見られない。
沖縄県民の理解を得るには近視眼的な目先の解決策では無く本質的な日米関係の包括的な見直しで在沖海兵隊及び陸軍グリーンベレー等の地上部隊を全面撤退させ、沖縄本島周辺の訓練施設を全面返還させる使用期限の交渉を本気で米国と行う覚悟を示すべきである。
下地幹郎議員が連立与党としての責任を果たす為に現実的な解決策として15年使用期限付きの暫定基地受け入れを沖縄県民大多数の反感を買う危険を敢えて冒してまで提起している政治家としての覚悟を鳩山政権は共有すべきである。
鳩山政権が普天間問題を5月末までに解決不能な場合は辞職すると迫った下地議員の覚悟こそが政治家としての見事な見識であり迷走を繰り返す鳩山政権への地元沖縄を愛する血の叫びである。
しかし彼の政治家としての信念、見識、覚悟を米軍基地問題の本質を見誤った沖縄県民大多数が理解出来ない現実は悲劇である。

詳しくは私のブログを御参照下さい。
http://isao-pw.mo-blog.jp/isaopw/

投稿: isao-pw大城 勲 | 2010/03/30 22:40

こんにちは。

安全は無論、騒音に汚染。
与論にも間違いなく悪影響が出ることを懸念しております。

目先のカネで骨抜きのボロボロ。
蹂躙され続けている沖縄の惨状を見て、
今よりも更に酷くなるを想像して頂きたい。

投稿: miyakawa | 2010/04/06 10:01

 小池百合子元防衛相がこの「郡民大会」に参加していたとはお笑いです。徳之島には絶対移設させないが、辺野古に絶対移設させる、との考えを持った政治家を奄美の人達は招待したのですね。

 基地の町で生まれ育った小生が、奄美の人達に懇願したい事は、どうか「普天間基地」を受け入れて頂きたいということです。
 私の故郷の町は米軍基地から流される有毒物質と補助金という麻薬で、心身ともに汚染されています。奄美諸島は沖縄より19年も早く鹿児島県という「本土」に復帰し、米軍基地からの被害・汚染は全く受けていません。
 
 鳩山政権が今、「県外移設」を実行できなかったら、後数十年不可能だと思います。これは沖縄だけでなく、奄美を含む本土の人々の不幸であります。経済的に豊かになることを目的とせず、沖縄を救ってやるとの崇高な意思を持って「普天間」を受け入れてくれたら、将来奄美に幸が来ると私は信じています。

投稿: キー坊 | 2010/04/06 13:07

喜山さん、沖縄島からの駄文を更に連ねますが、ご容赦下さい。

>キー坊 さん
基地の街で空軍・海兵隊員の隣家に育ち、幸か不幸か喜納議員の後輩でもある私としては、奄美に受け入れて頂きたいとは思いませんね。
まぁ、下地と連携の取れた(?)奄美出の(国会)議員による、一部訓練受け入れという最小限のリスクで適度な補助金を得ようという頭脳も十分評価に値するとは思いますが、これで負担を軽減してやったぞと言われるのも何なので。
まぁ、大城さんの仰る様に海兵隊の特質上分散配備は無理があるのでそんなに心配してないのですが、私が(屁)理屈を語っても最後は政治ですから反対する価値はありましょうか。個人的には奄美・徳之島出身の陸自隊員がそれなりに居るのだから、時流に乗って穏当にレーダーサイトかSSMでも誘致すれば良いのにと思いますね。

>米軍基地から流される有毒物質と補助金という麻薬で、心身ともに汚染されています。

そうでしょうか?私の知る嘉手納・読谷人は軍関係なり地主なりの倅ですが、勉強家で最高峰に進学された後、慎ましやかに家族を助けておりますよ。
しかも沖縄人たることを忘れておらず、下地のような輩に加担することも無い。
「日本」復帰に邁進し自分達の政府と言語を喪失させる流れに加担した先生方とは大違いです。

>喜山さん
徳之島の方にお願いしたいのは、仮に政治的な判断が下った場合、生活に溶け込んだ後に生じるであろう子供たちの問題です。
琉球弧生まれというだけでも、揺らぎ・辛さを感じることがあるわけで、これにアメリカという要素が加わったら、更にすがる所が無い。友利・玉城デニーさんや比嘉光龍さんのように大成される方も居るけれど、従兄弟のようにどんなに親族から好かれていても揺らぎを抑えられず、この世から消えて行く者も出てくるでしょう。日本人とのハーフの友人のように沖縄を捨てることも彼らと私には出来ない。この問題については、私も答えが出ていません。

投稿: 馬調越 | 2010/04/13 23:58

馬調越 さん。

貴方のおっしゃることは、米軍基地擁護論に思えます。自分の狭い生活範囲の経験だけで、基地に対する考えを持っているのではないですか?

 他島への安易な思いやりはもうそろそろ止めませんか?例えて言えば、重病人が健康な人間を看病するようなものです。

投稿: キー坊 | 2010/04/14 05:55

>キー坊 さん

>他島への安易な思いやりはもうそろそろ止めませんか?
醜い特殊大島人・右翼とやりあっている間に、沖縄人として何かを失ってはいらっしゃいませんか?
彼らやその街宣屋たる佐野を野放しにしている群島に対する苛立ちは分かりますが、
その憤懣をまともな島民にぶつけては特殊大島人の思う壺でしょう。
しかし、沖縄の運動を批判していた奄美特殊右翼や中道右派の今大会へのダンマリ・賛同ぶりは、非常に興味深いですね。私も批判的なんですが、沖縄でやったならば、高校生に加えて母子を動員したことを論われ、動員人数も水増しだの何だの言われているところです。
復帰運動以来の運動形式にも関わらず、沖縄が輸出したとか、逆に連帯が取れてないだとか、どっちにしても沖縄はダメ出し食らっとりますが(笑)

投稿: 馬調越 | 2010/04/19 04:19

みなさん、お返事遅れてごめんなさい。

> awaさん

「与論町ももっとしっかりした  輿論を」
これ、いいコピーですね。
与論が発言したらみんな驚くし新鮮でしょう。


> kayanoさん

小池さんは残念です。年を経るにつれ政治ボス的雰囲気をまとっているように見えます。


> isao-pw大城勲さん

詳述、ありがとうございます。
私も日米安保条約見直しに進むべきであると思います。


> miyakawaさん

コメントありがとうございます。
「目先のカネ」だけのことに絞っても、
沖縄に投下される資金の縮小版的な奄振で、
島の過剰なコンクリート化と目先の糊口を凌ぐに過ぎないことは
経験済みなはずなのです。


> キー坊さん

小池を招いたことは残念でした。
キー坊さんの「懇願」は堪えます。


> 馬調越さん

昨年からの流れで、今回の徳之島のことが、
奄美は、奄美と沖縄の関係を捉えなおす契機になればと思います。
北ばかり見てきたわけですから。

「生活に溶け込んだ後に生じるであろう子供たちの問題」の指摘、
ありがとうございます。沖縄にわたった奄美の人で、
親族から受け入れられなかった人の話を聞いています。
子どもたちに背負わせるわけにいきません。

投稿: 喜山 | 2010/05/04 09:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「米軍基地徳之島移設反対群民大会」:

» ★普天間移設、政府(案)の荒唐無稽! [ようこそイサオプロダクトワールドへisao-pw]
画像はクリックで拡大します。★普天間移設政府案の荒唐無稽!週刊朝日4月9日号に松 [続きを読む]

受信: 2010/04/05 23:01

« 「何をされようがたたかれようが」 | トップページ | 「与論島民移住100周年式典」 »