« 「『アイヌ』なる状況」 | トップページ | ケンムン=イシャトゥ!? »

2010/03/03

ツイッターをやるようになって

 ツイッターは初期と前期とで印象が変わる。ぼくも初期、なぜこの人の一日をぼくが追わなければならないのだろうと腹立ち紛れに思っていた。ところが、つわものに言わせれば、100人をフォローするまではそのよさは分からないとのこと。そこで、フォローしてくれた人に返すという消極的なやり方でフォロワーを増やしていった。

 どれくらいだろう。やはり100人くらいだったのか、あるときからタイムラインを眺めるのが楽しみになった。さまざまな人がさまざまな情報や、どちらかといえばポジティブな気分を伝えてくれるのが面白いのだ。情報についてはもはや、地震も天気も電車遅延もスポーツの結果もビジネス情報もツイッターで真っ先に知るようになっている。それは、気づくよりも早く気づくというようなスピードで時間差がなく、リアルタイム上に並んでいる相当の人の数を思い浮かべることができる。

 また、自分がフォローした人は何らか、関心を共有しているので、届く情報やメッセージの中身にすぐに入っていくことができる。ここで共有している心地いい気分は、高橋源一郎の言葉を借りれば、

「誰かの「つぶやき」を聞いたり(見たり)するのは、その「つぶやき」の意味を知りたいというより、自分とその相手の位置の違いを知りたいからなのかもしれない。あるいは、自分が(相手が)どこにいるのかを知りたいからなのかも。」(「日本文学盛衰史」「群像」高橋源一郎)

 ということかもしれない。

 mixiからツイッターへ流れてきた人は、mixiウザイと言い、ツイッターの関係のゆるさを歓迎し、ブログからツイッターへ流れてきた人は、その文字数制限にブログより楽とつぶやく。ぼくはにとってブログは、日記ではなく読書録や考えたことを記す場所だから、ツイッターはブログの代替物にはなりえないが、それでも、ニュースや感情を共有したいときはツイッターを頼るようになってきた。

 ぼくは、メール、ブログの延長戦にツイッターを見つめ、テキスト文化の行方に関心があるが、メールやブログと相違があるとしたら、ツイッターがヤポネシアに受容されているのは、問答歌や相聞歌の歴史と響き合っているのではないかということだ。

 まだしばし、観察していきたい。

|

« 「『アイヌ』なる状況」 | トップページ | ケンムン=イシャトゥ!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/47715995

この記事へのトラックバック一覧です: ツイッターをやるようになって:

« 「『アイヌ』なる状況」 | トップページ | ケンムン=イシャトゥ!? »