« 成人式・シゴーの中棚・成人祝い | トップページ | ゆんぬんちゅになれた気が »

2010/01/03

一握のフバマの砂

 那覇空港で東京行きの便を待っている。月曜を控えた夕刻の便を前に待ち合い所は人でいっぱいだ。自分がそうだからか、みんなが疲労と虚脱感と寂しさを抱えているようにみえる。

 今回の帰島は、会うこと叶わなかった人も場所もあったが、大切な人たちと話すことができた。

 濃密な人と人のつながり、停滞とスポイル、子どもの不在、命脈を保つ民俗とさびれる街、にもかかわらず進む道路工事。独自のような縮図のような、島の表情に直面した。いまは感じるべきこと考えるべきことが、過飽和のように身体からあふれていって言葉にならない。少し時間がたてば、深呼吸した分は吐き出すことができるだろう。

 それにしても、今回も、島を離れるのはきつい。どうして年齢の積み重ねは緩和剤になってくれないのだろう。やれやれ、だ。

 慰みに、フバマの砂を一握り、持ってきた。砂よ、助けてくださいな(苦笑)。

|

« 成人式・シゴーの中棚・成人祝い | トップページ | ゆんぬんちゅになれた気が »

コメント

おめでとう。
石川啄木かと思いました。
与論島では沖縄県の地上波は受信できるんでしょうね。
基地問題では熱く議論されてますか。
今年も南西諸島情報、お願いします。
http://blog.goo.ne.jp/gooeichan/e/87a5dd534cfa61af54f69790962aeb1e

投稿: kayano | 2010/01/04 13:08

おかえりなさい。

喜山さんの言葉まで、透き通って見えます。

与論島の力なのかなぁ~

ゆんぬんちゅじゃなくても、島や那覇を出るときはとっても寂しくなりました。
きっと、生まれ故郷を離れる方は、もっともっとなんだろうなぁ・・・と思います。

我が家には、与論の珊瑚たちがいますよ☆

投稿: kemo | 2010/01/04 13:40

kayanoさん

今年もよろしくお願いします。

詳しくは分かりませんが、基地問題は島では議論されていません。でもそれは基地問題に限ったことではなく、自分たちに身近な問題ですら議論されることは少ないと感じます。無力感は根深い気がしています。

投稿: 喜山 | 2010/01/04 21:44

kemoさん

珊瑚たち、大事にしてやってください。与論も珊瑚でできてますし(笑顔)。

投稿: 喜山 | 2010/01/04 21:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一握のフバマの砂:

« 成人式・シゴーの中棚・成人祝い | トップページ | ゆんぬんちゅになれた気が »