« 鹿児島奄美会・記念誌 | トップページ | 「薩摩の琉球侵攻400年 指宿市山川で記念事業」 »

2009/12/23

さようなら、吉田慶喜さん

 昨日、森本さんから吉田慶喜さんが亡くなられたとお聞きした。

 吉田慶喜さんは、『奄美自立論』を書く際に、知りたいことがあり、電話で長い時間、取材をさせてもらった。

 吉田慶喜さんの『奄美の振興開発』の、次の記述がぼくには重要だった。

また、吉田慶喜の『奄美の振興開発』(一九九五年)によれば、一九五四(昭和二九)年、復帰後の奄美に鹿児島県の知事重成を迎えた郡民大会では、奄美の復興に対する声に加えて、「さらに、いまもなお、アメリカ軍政下におかれ、祖国復帰達成のために困難なたたかいを続けている沖縄の 復帰促進のために、全力を尽くされんことを強く訴える」という発言がありました。

 その他にも、奄振の成立過程でお聞きしたいことがあった。取材のなかで、これは自分の推測に過ぎないが、という現場にいた方ならではのエピソードも知ることができた。偶然だが、ぼくの親戚も吉田さん宅に下宿したことがあったとのことで、最初から打ち解けて話してくださったのが嬉しかった。

 交流といえば、それだけだ。会うべき人には無理してでも会うべきである。そういうことが悔やまれる。戦後の奄美でよく闘ったこられたのだと思う。ご冥福をお祈りしたい。


|

« 鹿児島奄美会・記念誌 | トップページ | 「薩摩の琉球侵攻400年 指宿市山川で記念事業」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/47091226

この記事へのトラックバック一覧です: さようなら、吉田慶喜さん:

« 鹿児島奄美会・記念誌 | トップページ | 「薩摩の琉球侵攻400年 指宿市山川で記念事業」 »