« 「振動によるダイカストのセキ折り装置の開発」中小企業庁長官賞 | トップページ | UNIQLOCK »

2009/12/23

浮遊する与論島

 これ、面白い。

 自転車からマラソンに移行?

 琉球弧の島々のなかで、唯一「ヨロン島」とカタカナ表記され、かつ、その場所は、「沖縄本島から南西へ約300km」とある。とすると、八重山近辺にあるということか。ブログのていじんさんも「与論島の説明がなんとなく間違っている気がしますが・・・(ツアー会社のトップページからお借りしました)」、と(笑)。

 間違いを指摘したいのではない。ヨロン島という表記といい位置といい、この浮遊感は与論ならではのものだと思う。


|

« 「振動によるダイカストのセキ折り装置の開発」中小企業庁長官賞 | トップページ | UNIQLOCK »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浮遊する与論島:

« 「振動によるダイカストのセキ折り装置の開発」中小企業庁長官賞 | トップページ | UNIQLOCK »