« 400年、節目のイベント ver.13 | トップページ | さようなら、吉田慶喜さん »

2009/12/22

鹿児島奄美会・記念誌

 これ、読みたい。

 「鹿児島奄美会が初の記念誌 90年の歩み振り返る」

 鹿児島市周辺に住む奄美出身者でつくる鹿児島奄美会(大野照好会長)は、創立90年の歩みをまとめた初の記念誌を刊行した。郷土の資料や新聞記事を中心に、戦前から現在までの活動記録、鹿児島在住出身者の活躍を紹介している。
 同会は、市内にあった各郷友会の連合組織として、1918年に「在鹿大島郡人会」の名称で発足。戦中戦後は主に奄美からの出征者や引き揚げ者の支援を行った。現在は出身者の親ぼくを目的に毎年総会を開いている。

 しかし、会員数は高齢化とともに年々減少し、現在は約4500世帯とみられる。出身者同士の交流も少なくなったことから、記念誌製作の話が持ち上がった。「奄美への関心が薄い出身者の2世3世に、郷土愛を持ってもらうのが狙い」と、同会の喜入章夫幹事長(58)は話す。
 記念誌には、奄美の復帰運動などで苦労を続けてきた出身者の記録や、郷友会でのソフトボール大会・敬老会の活動まで掲載している。
 B5判526ページ。1500円。申し込みは秋山静夫さん=080(5257)6966。

 申し込まねば。


|

« 400年、節目のイベント ver.13 | トップページ | さようなら、吉田慶喜さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿児島奄美会・記念誌:

« 400年、節目のイベント ver.13 | トップページ | さようなら、吉田慶喜さん »