« 「鹿児島と沖縄の経済交流」 | トップページ | 「09振り返って/琉球侵攻400年」 »

2009/12/25

「ハイビスカス、家康に献上 1609年 薩摩藩「琉球得た謝礼」」

 なんと。言われてみれば確かにその経緯が分かるけど、知らなかった。400年前の出来事にハイビスカスもその命運を変えたということを。

400年前の1609年は薩摩が琉球に侵攻した年だが、同年12月26日、薩摩藩主の島津家久が駿府に使者を送り「琉球國ヲ賜ル謝礼トシテ」(「家忠日記増補」)ハイビスカスを含む琉球の品々を献上したことで、初めて日本にハイビスカスが伝わった年でもある。家康はその後も琉球の珍しい花木を薩摩に求めており、新たな支配領域となった琉球の異国性を植生から感じていたものと思われる。

 島津がハイビスカスを家康に献上。赤花も歴史を背負ったもんだ。

NPO法人沖縄有用植物研究会理事の牧野洋二さんは「400年前の琉球にすでにハイビスカスがあったことが分かると同時に、当時の日本の人々にとっていかに美しく、珍重されたかが分かる興味深い史実だ」と話す。

 いつも咲いてたから特に気に留めることもなかったハイビスカスだけれど、繊細で表情豊かな花だと思う。

 これでますますハイビスカスが愛おしくなりますね。高良さんの記事も今年はずいぶんお世話になりました。


 ハイビスカス、家康に献上 1609年 薩摩藩「琉球得た謝礼」


|

« 「鹿児島と沖縄の経済交流」 | トップページ | 「09振り返って/琉球侵攻400年」 »

コメント

沖縄のハイビスカスの従来種は幹が太く、花も大きくて垂れ下がってました。本部半島の備瀬のペンションで見ました。よく見かける種類のはハワイからもたらされたようです。

ホライゾンの最新号、充実してました。420円は安いです。弓削さんは、ユゲではなくキュウサクと読むですね。資料収集など随分貢献されたようで。
喜界島は、石垣、ゴマ、絶滅した喜界馬、城久遺跡群、山羊料理など面白そうです。

投稿: kayano | 2009/12/25 19:12

kayanoさん

紙質を考えると、贅沢な雑誌ですよね。今回は中味もすごかった。喜界島のゴマはいけそうな気がします。

弓削さんは、ゆげさんです。校正し損ねたのではないでしょうか。

投稿: 喜山 | 2009/12/26 09:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ハイビスカス、家康に献上 1609年 薩摩藩「琉球得た謝礼」」:

« 「鹿児島と沖縄の経済交流」 | トップページ | 「09振り返って/琉球侵攻400年」 »