« 400年、節目のイベント ver.12 | トップページ | 「奄美の明暗」 »

2009/12/11

「見えかくれする薩摩侵攻以前と 以後の奄美諸島」

 「こういうのを待ってましたぁ。」と圓山さんは書いていますが、ぼくも奄美大島発、市民主体シンポジウムを待っていたので、それに近くて嬉しい。

 奄美群島の情報誌「ホライゾン」創刊15周年記念シンポジウム
「見えかくれする薩摩侵攻以前と 以後の奄美諸島」
    これからの奄美諸島史

   日時:平成21年12月20日(日)
   会場:奄美サンプラザホテル2階ホール
   時間:午後3:30より 6:00(無料)

    ◆ 第一部
 基調講話/
     「スライドで見る『南島雑話の世界』」
                     久 伸博(奄美市立奄美博物館)
◆ 第二部/
  シンポジウム
      「見えかくれする薩摩侵攻以前と以後の奄美諸島」
            これからの奄美諸島史

 パネラー/●中山清美(奄美市立奄美博物館)<考古学>
       ●新里亮人(伊仙町立歴史民俗資料館)<考古学>
       ●弓削政己(郷土史家・奄美郷土研究会)<近世・近代史>
       ●町健次郎(瀬戸内町立図書館・郷土館)<民俗学>
        ●泉和子(島料理愛好家・奄美郷土研究会)<郷土料理>
※ 当日は、幕末の菓子などを再現して、試食していただく予定です。

 「幕末の菓子」の再現。これは食べてみたいですねえ。

 基調講演、パネラーの報告も楽しみだ。

 ※「12月20日は、ホライゾン歴史シンポジウム」


|

« 400年、節目のイベント ver.12 | トップページ | 「奄美の明暗」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/46991387

この記事へのトラックバック一覧です: 「見えかくれする薩摩侵攻以前と 以後の奄美諸島」:

« 400年、節目のイベント ver.12 | トップページ | 「奄美の明暗」 »