« すべきことは奄美の顕在化と奄美と沖縄の交流拡大の支援 | トップページ | 「どっちもどっち」、ではない »

2009/11/20

「沖縄・鹿児島連携交流事業を契機とした鹿児島への要望」

 自分の言葉にしたくなり、急ごしらえで舌足らずではあるが、要望書を作成した。


「沖縄・鹿児島連携交流事業を契機とした鹿児島への要望」

 明日21日に予定されている沖縄・鹿児島連携交流事業は、県としての鹿児島が薩摩の琉球出兵から何も学んでいないことを露呈しています。しかも、400年目の今年、奄美、沖縄、本土の各地でイベントが開催され、さまざまな声が発せられたことを踏まえると、そこから何も学ぼうとさえしていないと感じられます。それどころか、舞台を奄美大島に選ぶについては、黙殺を強いる姿勢すら継続していると思わざるを得ません。これに代わるべき姿がなければならないと考え、ここに要望書を提出します。

 薩摩の琉球出兵以降、奄美がこうむった困難は、薩摩の借財返済と明治維新の資金源となった北奄美中心の黒糖収奪と、奄美を直接支配しながら「琉球国之内」であることを内外に隠蔽したために、「琉球でもない、大和でもない」と二重に否定的な関係に置かれたことです。重要なのは、これからが過去のことではなく、現在も続いてしまっている点にあります。薩摩の琉球出兵400年を過去のものにするために、以下の三点を要望します。

1. 奄美群島振興開発事業(奄振)窓口の奄美への移管

 いわゆる奄振は、黒糖収奪以降の物質的な収奪に対する補償であると捉えることができます。にもかかわらず、奄振の窓口を県としての鹿児島が持つのは矛盾であるだけでなく、収奪の続行を意味しています。現行の奄振は問題を多く孕みますが、それ自体、奄美が主体的に解決すべきものであるはずです。奄振の窓口を奄美へ移管し、収奪の終息を図るよう要望します。

2. 鹿児島の教育過程における奄美の歴史、地理、言葉の組み込み

 鹿児島において空気のように当然になっている、奄美への配慮不要の状況を解消するために、教育過程で、鹿児島の歴史、地理、言葉を教えるのと同等に、奄美の歴史、地理、言葉を扱うこと。この際、奄美への配慮不要の歴史に加担してきた学者の関与は不要とし、奄美の歴史、地理、言葉のテキストは奄美がつくるものとする。これらのことを要望します。

3. 奄美と沖縄の交流拡大の支援

 沖縄・鹿児島連携交流とは、本来、薩摩が分断を強いた奄美と沖縄の交流拡大を支援すべきものです。奄美と沖縄を横断する市民交流や、那覇経由の経済活動、奄美から沖縄への進学など、文化・経済・教育における両者の交流促進を支援することを要望します。

 以上です。

|

« すべきことは奄美の顕在化と奄美と沖縄の交流拡大の支援 | トップページ | 「どっちもどっち」、ではない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/46810529

この記事へのトラックバック一覧です: 「沖縄・鹿児島連携交流事業を契機とした鹿児島への要望」:

« すべきことは奄美の顕在化と奄美と沖縄の交流拡大の支援 | トップページ | 「どっちもどっち」、ではない »