« 「琉球侵攻400年で共同声明 鹿児島・沖縄両県議会」 | トップページ | 『昇曙夢とその時代』4 »

2009/11/05

「奄美農産物、那覇経由で本土出荷」

 奄美の農産物の本土出荷を鹿児島経由から那覇経由へ変更検討、とのこと。

 「奄美農産物、那覇経由で本土出荷」

 奄美から本土向けの農産物輸送は従来、鹿児島市まで約1日半をかけて船で運び、そこでトラックに積み替え、東京などの市場へ向かっている。遠方の地方都市で競りに掛かるまでに4、5日を要しているため、同組合は「花は鮮度が重要だ。深夜にも輸送できる那覇空港の利用は出荷時間を大幅に短縮でき、魅力的だ」と説明。試験で効率的な輸送ルートなどを検討した上で、那覇空港からの周年出荷を目指している。

 これはいいですね。


|

« 「琉球侵攻400年で共同声明 鹿児島・沖縄両県議会」 | トップページ | 『昇曙夢とその時代』4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「奄美農産物、那覇経由で本土出荷」:

« 「琉球侵攻400年で共同声明 鹿児島・沖縄両県議会」 | トップページ | 『昇曙夢とその時代』4 »