« 「鹿児島・沖縄 歴史・交流促進シンポジウム」 | トップページ | 「内地と本土」 »

2009/10/29

「薩摩侵攻400年シンポジウム」

 喜界島でも400年イベントが計画されている。日は、「奄美と沖縄をつなぐ」イベントと同日の11月14日だ。

 高橋一郎の「海域社会としての歴史像を描き出す試み」という講演も聞いてみたいが、シンポジウムの司会もパネラーも喜界島郷土研究会の会員が行うのが好もしい。予算の都合もあるだろうけれど、遠方からの先生の話を聞かせてもらうのではなく、自分たちで語ろうとする、等身大の視点が、今年続いたイベントのなかで新鮮だ。どことなく、おだやかなおおらかなこの感じは、喜界のよさではないだろうか。

喜界島郷土研究会より
薩摩侵攻400年シンポジウムのお知らせ

今年2009年は薩摩藩が奄美沖縄支配のために侵攻してから丁度400年になります。
今回「喜界島郷土研究会」ではこの節目の年に薩摩藩支配のシンポジウムを企画しました。
なにとぞ、おいでいただきますようお顔いいたします。

1.日時 2009年11月14日(土)
    13:30~17:00
2.場所 役場コミュニティーホール
3.プログラム
 (1)基調講演
「海域社会としての歴史像を描き出す試み」
 ~慶長14(1609)年を視座に~ 高橋一郎氏
 (2)島唄 豊愛さん 上田昂のさん
 (3)シンポジウム(司会、パネラー当会員)
  パネラー○歴史分野 ○史跡分野
       ○産業分野 ○教育分野
       ○民俗芸能分野

4.後援 喜界町 喜界町教育委員会 きばろう会

*入場無料
*当日喜界島特産茶も用意しております。
連絡先 得本:090-9687-8437 むちゃかなの碑
     野間:090-2084-2113
     北島:090-2589-2704

この案内は此れまでに喜郷研の催しに参加して頂いた方にお送りしています。

|

« 「鹿児島・沖縄 歴史・交流促進シンポジウム」 | トップページ | 「内地と本土」 »

コメント

 喜界島らしいですね。

 得本さん  の名刺をいただいたことがありました。

   図書館だったような気がする。

     名刺のオオゴマダラが 印象深い。

  「海域」のテーマは 共有できますね。

投稿: awa | 2009/10/29 20:17

awaさん

喜界はオオゴマダラの島でもありますね。awaさんは、与論もそうであることを蘇らせてくれました。とうとぅがなし。

投稿: 喜山 | 2009/11/01 17:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/46592598

この記事へのトラックバック一覧です: 「薩摩侵攻400年シンポジウム」:

« 「鹿児島・沖縄 歴史・交流促進シンポジウム」 | トップページ | 「内地と本土」 »