« 「しほの生命(いのち)を守る会」 | トップページ | 不透明な動き »

2009/10/26

「安達征一郎 南島文学を語る」

 昨日24日、県立奄美図書館で、安達征一郎の講演会があったんですね。うう、聴きたかった。

 安達征一郎氏(本名・森永勝己)は1926年東京生まれ。6歳の時に両親の出身地の奄美大島に帰郷し、少年時代は喜界島で過ごした。小説家として数々ゐ作品を世に送り出し、「怨の儀式」で第70回直木賞候補、「日出づる海 日沈む海」で第80回直木賞候補となった。(南海日日新聞10月19日)

 どなたかお聞きになった人がいたら、教えてください。


|

« 「しほの生命(いのち)を守る会」 | トップページ | 不透明な動き »

コメント

沖永良部島と徳之島で映画ロケしてますね。
桐野夏生原作の「東京島」。
面白そう。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091014-00000004-cine-movi

投稿: kayano | 2009/10/26 17:44

kayanoさん

そうなんです。ちょっと帰省気分で観れるかと、期待です(笑)。
http://tokyo-jima.gaga.ne.jp/

投稿: 喜山 | 2009/10/27 21:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「安達征一郎 南島文学を語る」:

« 「しほの生命(いのち)を守る会」 | トップページ | 不透明な動き »