« 「小さな島の小さな物語」 | トップページ | 「十九の春・世界大会」 »

2009/09/28

『昇曙夢とその時代』

 これは読まねば。早速、予約。

近代日本の文学者の多くが時代の流れに翻弄されるなか、微動だにしない昇の独自の世界観とその生涯を奄美に追う意欲作。

  『原郷の奄美―ロシア文学者 昇曙夢とその時代』

Genkyou

|

« 「小さな島の小さな物語」 | トップページ | 「十九の春・世界大会」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『昇曙夢とその時代』:

« 「小さな島の小さな物語」 | トップページ | 「十九の春・世界大会」 »