« 「北の七島灘を浮上させ、南の県境を越境せよ」3 | トップページ | 「北の七島灘を浮上させ、南の県境を越境せよ」4 »

2009/07/09

コンセプトとしての「船倉」

 syomuさんが、カルチュラル・タイフーンの懇親会の濃くて深い感じ(Deep Reef)を、

名瀬港まで二泊三日も時間がかかる船中では二等船室の至る所で酒盛りやおしゃべりが繰り広げられ、ゴロンと横になって聞こえてくる島口に、あの人のなまりは大島だな、あの人はバアさんの島口に近いから徳之島だな、ん?沖縄の人かね?などと想像をふくらませたり。船旅はあまりにも時間があるので、隣の人と二言三言話しているとどこかで知り合いが重なっていたり、親と昔付き合いがある人だったり、とそういう経験は二回や三回ではおさまりません。

思えば、私は小学校に入学する前の一番楽しい夢のあった幼い時間だけ島の空気を吸い、島の自然を見て、島の人と触れ合って過ごしたので、感傷的になり、島への感情がほとばしりがちなのかもしれません。

島に向かう船に揺られているようなそんな居心地の良さでパネルも懇親会も楽しませていただきました。(カルチュラル・タイフーン2009『薩摩侵攻/侵略400年を考える』

 と、書いているのを読んで、そうだ、あの Deep Reef クオリアは、黒潮づたいのあの、船の底に似ているのに気づいた。

  道之島といえばおりおり思い出すことがある。昭和十三年から十七年まで大島通いの上り船は名瀬港を夕方出航した。三等室船内の中央部の下は船倉になっていて夜は船倉の上を舞台にして、各島自慢の競演になった。
  与論島の人は沖縄民謡の「上り口説」、沖永良島の「永良部百合の花」、徳之島の「ちゆつきやり節」、大島の「野茶坊節」、喜界島の「池治長浜節」などつぎつぎ繰り出され、指笛の噺子で調子がますます高まる。
  大島各島上り船に乗っていた沖縄の中年の方が二人で「鳩間節」や「四季口説」を歌い踊った手ぶり口ぶりは忘れられない。
  船員の中には芸達者な人がいて三味線、片面太鼓を持ち出し、また洗面器の底をたたき、あるいは変装して踊る人気者もいた。
  「上り口説」、「下り口説」は音痴の私でさえ暗唱しおかしく歌えるが、道之島の部分だけ挙げてみる。

 上り口説(前を略す)

七、伊平屋立つ波押し添ひて
  道の島々見渡せば
  七島渡中人なだやしく
八、立ちゆる煙は硫黄が島
  佐多の岬もはいならで
  あれに見ゆるは卸開聞
  富士に見まがふサクラ島
 下り口説(前と後を略す)
  風やまともに 子丑のは
  サダの岬も あとに見て
  七島渡中も なだやすく
  波路をはるかに ながむれば
  あとや先にも 友船の
  帆をひきつれて 走りゆく
  道の島々 はやすぎて
  伊平屋渡たつなみ おしをひて

 船が少し揺れ始めるころ、船酔い恐怖症の人は二段になった寝ぐらであお向きになり、横向きになり、洗面器を枕もとに寄せて上り口説、下り口説の「七島渡中もなだやすく」と念ずる気持ちになる。
 船倉の上の舞台も一人去り二人去り遂に静かになる。このあたりは七島灘に入る手前である。そのころ三等室に柱時計はなし、ラジオも、もちろんテレビもなし、各人の腕に腕時計も巻き着いていない。おそらく二十二時のころであったであろう。各島回りの定期船は笠利岬灯台の光源の届かぬ闇の海を北に進む。
 早朝、前方に「ご開聞」の薄い姿を拝み、三時間かけて「富士に見まごう桜島」の姿に安堵して身回りの品々を手もとに寄せ、下船の準備をしたのである。(『道之島紀行』)

 この、栄喜久元の述懐を借りると、船倉の舞台、なのだ。

 「船倉」をコンセプトとして捉えると、それはいまぼくなどが欲しいと思う場を表してくれる。琉球弧の島人が集い、ある島のことだけではない、どの島の人も主役になる場面を持ち、しかも、一緒に乗り合わせている旅人を排除しない。一緒に場を共有できる。「船倉」はそういう場だ。

 コンセプトとしての「船倉」。育ててみたい。


|

« 「北の七島灘を浮上させ、南の県境を越境せよ」3 | トップページ | 「北の七島灘を浮上させ、南の県境を越境せよ」4 »

コメント

 コンセプトとしての船倉、いいですね。私も子供の頃の名瀬から鹿児島までの船旅は時化ると本当に苦痛でした。

投稿: アカショウビン | 2009/08/29 17:51

アカショウビンさん

> コンセプトとしての船倉、いいですね。

ありがとうございます。

>私も子供の頃の名瀬から鹿児島までの船旅は時化ると本当に苦痛でした。

鹿児島から行くと名瀬は明け方でしたよね。眠気まなこで名瀬かと思い、もうひと眠り、起きてしばらくすれば与論だ、と思ってました。

時化は、しんどかったですね。船倉の情景を思い出します。

投稿: 喜山 | 2009/08/30 09:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/45573167

この記事へのトラックバック一覧です: コンセプトとしての「船倉」:

« 「北の七島灘を浮上させ、南の県境を越境せよ」3 | トップページ | 「北の七島灘を浮上させ、南の県境を越境せよ」4 »