« 「徳川幕府の対明政策と琉球侵攻」(紙屋敦之) | トップページ | 「薩摩藩支配下、奄美諸島と琉球の関係」 »

2009/07/31

「シューンて行ってピュウって行けばあります!」

 この、与論の道案内は笑いました。で、懐かしい。

観光客いないから、道聞いてもシューンて行ってピュウって行けばあります!って真面目に言うんですから(笑)わかんなーいから郵便局に行って聞いたらずっとずっとまっすぐ…まっすぐ…まっ!途中で人に聞いた方がいいです。だよ(笑)真面目な顔で言うから笑えね~!

 「与論島、ベトナムそうめん」(みどっちふぁくとりーの素)

 みどっちさんのこのコメントも最高。

道の説明の究極です、ここの島がいちばんヘタというか自然なんすよ。
坂道の場合、空に向かって指指しますから…(笑)
朝から10人以上に道を尋ねては、その自然なシューンて行って、スッとかの表現力に感心。楽しくて聞いてしまう。恥ずかしそうに説明してくれるからかわいいの。途中、説明が詰まったら、指であの白い屋根よ!ってどんだけ目がええねん(笑)


 ぼくは極度の方向音痴だが、その由来が分かるような。島の血なのか?(笑)。

 でも、この道案内の仕方は、与論島のクオリアだよなあ。


|

« 「徳川幕府の対明政策と琉球侵攻」(紙屋敦之) | トップページ | 「薩摩藩支配下、奄美諸島と琉球の関係」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/45790116

この記事へのトラックバック一覧です: 「シューンて行ってピュウって行けばあります!」:

« 「徳川幕府の対明政策と琉球侵攻」(紙屋敦之) | トップページ | 「薩摩藩支配下、奄美諸島と琉球の関係」 »