« 「奄美と沖縄をつなぐ」イベントの現在進行形 | トップページ | 近代以降・島役人・琉球/薩摩 »

2009/07/22

嗚呼、日食

 これは、前利さんに送ってもらった沖永良部の日食。

Erabueclipse

















 これは、「あまみ便りblog」さんの大島の日食。

 皆既日食、当日!

 そして、わが与論の日食。(by あんとに庵さん)

 [島日記]日食写真撮ってみた


 ため息です。悪石島などで見れなかったのが何とも残念だけど。



 

|

« 「奄美と沖縄をつなぐ」イベントの現在進行形 | トップページ | 近代以降・島役人・琉球/薩摩 »

コメント

御紹介有り難うございます。
ほんとはグスクから見たかったのですが、曇空に挫折しました・・_| ̄|○

喜界島は比較的よく見れたそうですよ。

悪石島付近は前線の影響で未だ不安定だと思います。船で移動するしかないので帰りが心配ですね。
与論でも給油に立ち寄るはずのクルーザーが接岸出来なかったという話を聞きました。

投稿: あんとに庵 | 2009/07/22 22:16

あんとに庵さん

グスクからだったら、確かによく見えそう。
でもおかげで茶花界隈の雰囲気を味わえました。

トカラの人と帰る人の無事が気になります。
はやく晴天と凪になってほしいですね。

投稿: 喜山 | 2009/07/23 07:54

昨日関東では日食は見れなかったけれど、
心は奄美の島々にいました!
Fhoto感謝します

理解力が低いので・・・
喜山さんが何を伝えたいのかなぁと思って、
05年あたりからの記事をとりとめもなく読んでいました。
「ちゃむちゃさぬ」切なくなりました。それだけ想ってもらえるなんて、素敵な方だったんですね。
「なーらんちゅ」なんてネーミング、ユーモラスです☆
いろんな意味でわたしもなーらんちゅかな・・・
熱くなった心で、明日も熱い夏を乗り切るぞと思いました

投稿: kemo | 2009/07/23 21:49

 昨日は,日食を見るために奄美に帰るつもりでもなかったのですが,休みをもらっていました。
 テレビのワイドショーにくぎ付けになりながら,少しでも太陽が出るように祈っていました。なんか,折角奄美大島や喜界島に来てくださる人が,少しでも来てよかったと思えたらと,祈るような気持ちで,当地の気象がどうなっているかと気になりながら。私も心は,奄美にいました。疲れましたね,精神的に。でも,喜界島は完璧に,奄美大島はおぼろげながら日食を感じられてよかったです。ささやかながら,私の奄美への郷土愛の発露だったんでしょうね,この疲れは。ティダってうっとうしい感じですが,まさにこの日ばかりは,ティダカナシでしたね。
 ところで,「ちゅむちゃさぬ」は言葉が似ている(ちゅむちぇーさん)ので,意味がわかりましたが,「なーらんちゅ」って,どんな意味なんだろう。「どうしようもない人」っていう意味でしょうか?
 

投稿: shimanchu | 2009/07/23 22:54

kemoさん

読みにくいでしょうに。お付き合いくださり恐縮します。
祖母はすごい人で敬愛していました。このブログも、与論のために何かをしたいと思いつつ、何もしないうちに祖母が危篤になってしまったのに焦って、書き始めたんですよ。

投稿: 喜山 | 2009/07/24 07:14

shimanchuさん

> 「どうしようもない人」っていう意味でしょうか?

ガーン。そりゃ確かにぼくは・・・(苦笑)。
「なーら」は、半端、半分の意味です。中途半端な奴、です。与論言葉で話そうとするも充分ではなく、共通語で補うぼくの姿を見て、祖母がそう言ったのでした。

もっとも、島の人からは、睾丸が一個しかない人を言うのだと注意されたりもしました(笑)。

「ちゅむちゃさぬ」は、shimanchuさんが思っている通りだと思います、きっと。

ぼくも日食は疲れました。奄美の人、訪れた人によきことがあるように、と、shimanchuさんと同じような心境でした。「東京も見れたよ」と後から指摘されたとき、「え?いつあったの?」と思ったくらいでしたよ。

喜界ではクリアに見えたようで、よかったですね。メディアも他の島に比べてあまり入ってなかったんじゃないでしょうか。

投稿: 喜山 | 2009/07/24 07:22

なーらんちゅ・・・
そんな意味があるとは

読みにくくないですよ~
自然体がいいんです

投稿: kemo | 2009/07/24 15:14

なーらんちゅ・・・失礼いたしました。そんな意味なのですね。言われてみれば,なんとなくニュアンスがわかるような気がします。私のシマでは何と言うのだろう?
と考えてみましたが,言われたことがないので思い出せませんでした(笑)。

標準語引き 日本方言辞典
監修 佐藤亮一(東京女子大学教授)
っていう本を先日買ったのですが,本当に奄美大島・喜界島から与那国島まで,一つの文化圏なんだなと,実感しました。同じような言葉や表現が,琉球弧の島々の中では,海を越えて使われているなんて・・・と感動しました。でも残念,なーらんちゅの表現は掲載されていませんでした。

投稿: shimanchu | 2009/07/25 18:47

kemoさん

元気そうで何よりです。無理ない範囲でお付き合いください。


shimanchuさん

マイナーな、なーらんちゅ(苦笑)。
『標準語引き 日本方言辞典』、すごい買い物ですね。ぼくも読みたいです。

こんど島に帰ったとき、「なーら」を何というか、教えてください。

投稿: 喜山 | 2009/07/26 09:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嗚呼、日食:

« 「奄美と沖縄をつなぐ」イベントの現在進行形 | トップページ | 近代以降・島役人・琉球/薩摩 »