« 「「帰属しない」奄美史に脚光」 | トップページ | 嗚呼、日食 »

2009/07/22

「奄美と沖縄をつなぐ」イベントの現在進行形

 昨日、日経の夕刊の末尾。「奄美と沖縄をつなぐ」イベントが紹介されていた。

 奄美の歴史を振り返るイベントは夏以降も続く。10月3日には民間有志が鹿児島市で「島津藩による奄美・琉球侵略400年記念祭」を開催。11月14日には奄美と沖縄双方の島唄を比較するコンサートなどを軸にしたイベント「奄美と沖縄をつなぐ」が東京・新宿で開かれる。
 22日、奄美大島北部と喜界島は一瞬、皆既日食の闇に落ちる。埋もれがちな奄美を象徴するようだが、再び明るさを取り戻す空のもと、「奄美の地理と歴史が目の前にくっきりと表れてこなければいけない」と喜山氏は期待を込める。(文化部 郷原信之)

 具体的な案内のフライヤーを掲載する。カルチュラル・タイフーンで配ったものだ。
 パネリスト、演者の交渉大詰め。もう一人のパネリストは、快諾いただいているのだが、スケジュール調整の返事をお待ちしているところ。出演可能を期待している。

 このイベントは、出演者の決定に時間がかかっている。知己が少ないからなのだが、このテーマですぐに思い出せる人がいないのだ。その分、貴重な対話ができるのではないかと思っている。それに、シマウタが明白につないでてくるはずだから。

 決定次第、またお知らせしたい。


Linkao3

|

« 「「帰属しない」奄美史に脚光」 | トップページ | 嗚呼、日食 »

コメント

喜山さん

 小生もあの日経記事見ました。
記者、出席していたんですね。
南海日日の牧さんとは一緒に新宿まで帰りましたが。

 あの日、懇親会出席したかったのですが
月曜は早朝朝礼等早いので失礼しました。
また、機会ありましたら!

投稿: shigeta | 2009/07/22 11:38

shigetaさま

そうなんです。記者の方、取材にいらしてました。

また、お会いできる機会を楽しみにしています。
佐野眞一さんとお会いされたんですね。同席したかったです。(^^)

投稿: 喜山 | 2009/07/23 07:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/45705740

この記事へのトラックバック一覧です: 「奄美と沖縄をつなぐ」イベントの現在進行形:

« 「「帰属しない」奄美史に脚光」 | トップページ | 嗚呼、日食 »