« 「奄美にとって1609以後の核心とは何か」 | トップページ | 『1Q84』 »

2009/06/03

奄美あふれる6・27

 6月27日の東京は奄美ゆかりのイベントが目白押し。

 まず、萩原かおりさんの「かおり's カフェ」がある。

 ◆「『かおり's カフェ』Vol.2 奄美味」

 赤坂コレドにて。黒糖焼酎もいただける。(^^)


 同日、国立劇場では「奄美の祭りとしま唄」。

 ◆6月民俗芸能公演「奄美の祭りとしま唄」

 【第一部】
 諸鈍シバヤ 諸鈍シバヤ保存会(大島郡瀬戸内町諸鈍)

 【第二部】
 奄美諸島のしま唄


 さらに立教大学では、400年イベント。

 ◆「島津氏の琉球出兵400年に考える ―その実相と言説―」

 13:00~
 公開講演会  司会:荒野泰典(立教大学文学部教授) 

 13:00 ~ 
 「島津氏の琉球侵略 ―その原因・経緯・影響―」
上原 兼善(岡山大学特任教授)

 14:10 ~ 
 「琉球王国の対応と言説 ―琉球はどのように対応し、語り伝えてきたか―」
 豊見山 和行(琉球大学教育学部教授)

 15:20 ~ 
 「近世説話文学に見る島津氏の琉球出兵 -日本人はどのように語り伝えてきたか―」
  小峯 和明(立教大学文学部教授)

 16:40~ シンポジウム      
 歴史学の立場から:紙屋 敦之(早稲田大学文学学術院教授)
 文学の立場から:渡辺 憲司(立教大学文学部教授)

 19:00~ 懇親会

 (立教大学文学部史学科主催公開講演会


 すごい一日だ。しかし、悩ましいぞ(笑)。


|

« 「奄美にとって1609以後の核心とは何か」 | トップページ | 『1Q84』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奄美あふれる6・27:

« 「奄美にとって1609以後の核心とは何か」 | トップページ | 『1Q84』 »