« 「カルピス アイランド ヨロン」 | トップページ | 「奄美にとってこの400年は何だったのか?」2009/07/05 »

2009/06/09

「久し振りの『奄美を語る会』例会のご案内」2009/06/20

 「奄美を語る会」の仙田さんに案内状を見せていただいたので、転載します。6月20日土曜日。場所は、鹿児島市の教育会館です。

◇◆◇


「久し振りの『奄美を語る会』例会のご案内」

報告1 『南九州の石の龍について』
〇報告者 橋口 尚武さん

報告2 『奄美にとって1609以後の核心とは何か』
○報告者 喜山 荘一さん

✽日時  2009年6月20日(土) 午後2時30分~
✽場所  鹿児島県教育会館 3階会議室
(鹿児島市中央公民館向い,中央公園内。099-223‐8345 )


大きな地図で見る

○参加費  300円
(会終了後懇親会を予定。会費3000円。 場所は当日連絡。)

橋口 尚武さんのこと
・1937年生まれ。日本大学文学部史学専攻、専攻科終了。その後、都立高校の日本史の教員を35年間勤める。50歳から65歳まで千葉大学の講師。著書に『島の考古学』(東京大学出版会)『黒潮の考古学』(同成社)『食の民俗考古学』(同成社)他著書多数。

喜山 荘一さんのこと
・1963年、与論島生まれ。東京工業大学工学部卒業。マーケター。著書に『図解Eメールマーケティング実践講座』(2000年インプレス)『ビートルズ 二重の主旋律』(2005年メタ・ブレーン)『奄美自立論』(2009年南方新社)等多数。ブログ「与論島クオリア」 東京在住

・連絡先
皆村 武一 099-220-9640
出水沢 藍子 099-244-2386
中江 孝一 099-224-7068
仙田 隆宜 090-6891-7162 
《どなたでも参加できます。お知り合いの方をお誘い下さい。》

|

« 「カルピス アイランド ヨロン」 | トップページ | 「奄美にとってこの400年は何だったのか?」2009/07/05 »

コメント

懐かしい、
  この公民館 で
     高校生の  主張を させてもらいました。
      
  大島高校の  分校の時代です。

    このころから  ひねくれていたと思います。


       与論 を  発信してください。

   王延滞。
        鹿児島の  飲み屋街を思い出します。

  誰か 用事をつくってくれないかな・・・?
        よいよいでんどー・・・。
    

投稿: awa | 2009/06/10 09:37

awaさん

よいよいどしらりゅーる。

高校のときですか。そのときの話、こんど聞かせてください。どんな主張だったのでしょう。


投稿: 喜山 | 2009/06/12 09:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「久し振りの『奄美を語る会』例会のご案内」2009/06/20:

« 「カルピス アイランド ヨロン」 | トップページ | 「奄美にとってこの400年は何だったのか?」2009/07/05 »