« 「奄美にとって1609以後の核心とは何か」3 | トップページ | 「奄美にとって1609以後の核心とは何か」4 »

2009/06/25

「月の天使」と「陽の悪戯」

 独立マーケターの先輩と「黒うさぎ」で飲む。

 マーケターは、幅の広い言葉だから、自分たちを規定するのに、リサーチング・マーケターという言葉があるんじゃないかという仕事仲間の話を聞かせてもらった。たしかに。ぼくは、マーケターをむりやり格好つけていえば、市場哲学者だと思っているので、リサーチング・マーケターは、中国語っぽくすると、さしずめ調査的市場哲学者、である。

 「有泉」が無くなり、「れんと」を飲みついでいるところ、お店の人から、期間限定品として勧められたのが、「月の天使」と「陽の悪戯」。「月の天使」はとがっていたような気がするが、もう定かではない。

 暗い中、ふたつ並ぶと、村上春樹の『1Q84』のふたつの月-黄色の月と緑の月を思い出す。社会の冷たさを天使の悪戯のように和らげようとする夜だった。


Tsukinotenshi

|

« 「奄美にとって1609以後の核心とは何か」3 | トップページ | 「奄美にとって1609以後の核心とは何か」4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「月の天使」と「陽の悪戯」:

« 「奄美にとって1609以後の核心とは何か」3 | トップページ | 「奄美にとって1609以後の核心とは何か」4 »