« 「奄美にとって1609以後の核心とは何か」 ver.2 | トップページ | 「沖縄経済-内発的発展の鍵-」 »

2009/06/07

奏、疾走。

 リベンジとばかりに去年と同じペアで臨んだ二人三脚は、見事な疾走で一位。

 二人三脚も呼吸が大事だけれど、「おおむかで」は尚更そう。走るリズムが同期をとらなきゃいけない。「おおむかで」という名称だけれど、ムカデと違い、首尾と後尾の足並みもそろってなきゃならない。でも、うまくいく組は不思議と揃う。あれはどうしてだろう。シンクロニシティだ。

 六年間、観戦した「おおむかで」も見納めだね。そう語り合った。

 ああ、でも、組体操では太陽をいちばん浴びる最上段の役を去年に続き任され、しかも最上級生で四段を組む、運動会でも最大の見せ場のひとつで成功したのに、シャッターを押すタイミングを間違えてしまった。すまぬ、わが子よ。 

 終わりのラジオ体操は、英語で歌われて違和感があった。コミカルな映画の場面のようで、現実とは違う奇妙な世界に入っていくようだった。


 「六月の空に 2」
 「六月の空に」


Sissou3_5OmukadeKumitaisouChito

|

« 「奄美にとって1609以後の核心とは何か」 ver.2 | トップページ | 「沖縄経済-内発的発展の鍵-」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/45264579

この記事へのトラックバック一覧です: 奏、疾走。:

« 「奄美にとって1609以後の核心とは何か」 ver.2 | トップページ | 「沖縄経済-内発的発展の鍵-」 »