« 当ってしまった。 | トップページ | 改葬洗骨のこと。「面影ぬたちゅい」 »

2009/05/14

水間さんの黒糖工場

 西日本新聞の記事。

 奄美発 黒糖の甘み 生産ピーク

 黒糖は、冬の間に収穫したサトウキビの搾り汁を煮詰めてつくる。戦後は、大型製糖工場の進出で生産量が落ち込んだが、数年前から人気が回復。カルシウム含有量は上白糖の240倍、鉄分は47倍(同県調べ)という豊富な栄養分に注目が集まっている。

 水間さんの黒糖は、たしか、「奄美の泥遊び」の出店ブースで、お客さんに勧めたら、とても人気だったという、黒糖のことじゃないかな?

 どんどん出てこい、奄美産。


|

« 当ってしまった。 | トップページ | 改葬洗骨のこと。「面影ぬたちゅい」 »

コメント

黒糖焼酎は喜界島というのを以前飲んでました。泡盛のようなくせがない味で飲みやすかったです。
奄美は黒のイメージから脱却するのにラム酒をつくっても面白いのですが。
下記は4年前に書いた南大東島のラム酒の記事です。
一度飲みたいと思いながらまだ飲んでない。
http://blog.goo.ne.jp/gooeichan/e/651f91ea07f7194c60b03c6e6f175b9b

投稿: kayano | 2009/05/14 19:54

そうです!
「沖縄の黒糖よりサッパリしていておいしい!」
「この黒糖は売ってないの?」
と大評判でした。

今回の島めぐりでも、水間黒糖はじめ、黒糖つくっているところ、3軒まわりました(3軒しかまわれませんでした)。いずれも特徴があって甲乙つけられません。

投稿: sarah | 2009/05/14 23:35

kayanoさん

ラム酒、おいしそうですね。飲みたくなりました。

ボトルのデザインもイケてますねえ。

投稿: 喜山 | 2009/05/16 12:10

sarahさん

いいですね。純黒糖もありますか?

投稿: 喜山 | 2009/05/16 12:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水間さんの黒糖工場:

« 当ってしまった。 | トップページ | 改葬洗骨のこと。「面影ぬたちゅい」 »