« 日本経済新聞に短評が載りました | トップページ | 「奄美との交流訴える」 »

2009/05/03

「歴史越え連携構築 薩摩藩侵攻400年シンポ」

 ネット上では、まずは琉球新報に昨日の徳之島での400年イベントの記事が載った。

 「歴史越え連携構築 薩摩藩侵攻400年シンポ」

 今のところ他に材料がないので、記事を手がかりにコメントしたい。

【徳之島2日高良由加利】1609年の薩摩の琉球侵攻を振り返り、将来展望を開こうと、薩摩藩奄美琉球侵攻400年記念事業「未来への道しるべ」(同実行委員会、沖縄大学地域研究所主催)が2日、鹿児島県の徳之島町文化会館で開かれ、600人が訪れた。シンポジウムでは各登壇者が侵攻前後の歴史を奄美や中国など多様な視点からとらえ、400年を機に「鹿児島、奄美、沖縄が歴史とどう向き合い、どう連携するか考える時期に来ている」と、新たな関係性を構築する重要性を強調した。

 「鹿児島、奄美、沖縄が歴史とどう向き合い、どう連携するか」が課題なのはその通りだが、「時期に来ている」と言われると、遅いと思う。百年単位の話なら分かるが、本当は、明治以降、戦後以降はなおさら問われてきたことだと思う。

 薩摩島津家の第32代当主・修久(のぶひさ)さんも登壇し「旧藩時代の苦難の歴史の主な原因をつくったのはわたしどもにある」とあいさつした。徳之島高校教諭の吉満庄司さんを進行役に、鹿児島大教授の原口泉、琉球大名誉教授の金城正篤、琉球大教授の高良倉吉、徳之島郷土研究会の幸多勝弘、奄美郷土研究会の弓削政己の5氏が登壇した。

 今回のイベントの経緯で不透明だったのは、島津修久が招待され発言が予定されているということが、公開されたプログラムのなかにはなく、人づてに聞いたことだった。どうして主催者は公表しないのかということが不可解さとしてあった。「徳之島シンポジウムについて三七の会からのお知らせ」にある「三七の会」のメッセージをぼくも受け取ったが、招待の事実もプログラムも確かなことが分からない以上、阻止も何も、判断することはできないと思えた。

 ※「薩摩藩奄美琉球侵攻400年シンポジウム」

 島津修久の発言は実質的な謝罪を意図しているのだろうか。だが、島津修久は鹿児島の代表ではなく、当事者の末裔の私人としての発言以上の意味はない。400年のことに心を砕く想いがあるのであれば、お茶会などとピントぼけなことをする前に、過去のことではなく現在形であることを知ってほしい。お茶会ではなく、島津ブリッジを、と前に書いたことがある。

 高良さんは「鹿児島と沖縄は意外と交流がない」と述べ、両県が連携して奄美に研究所を造るなど、交流が生み出す可能性を指摘した。歴史を見る視点について原口さんは「あらゆる角度から検討して初めて過去が見える」と述べ、多面的に考察する重要性を説いた。

 ひと言なので、直感的だが、お二方ともとぼけた発言だ。

「鹿児島と沖縄は意外と交流がない」

 驚いたのは振りではないのか。

「あらゆる角度から検討して初めて過去が見える」

 核心を捉えないままの相対化、居直りのあとの頬かむり、事件が解決される前に観光化。

 金城さんは、薩摩に直轄支配されて以降も奄美が「琉球で中国使節を歓待する際の経済的負担を負わされた」と紹介し、幸多さんは「影の部分で奄美が命を削っていたことは事実だが、先祖のたくましさを誇りに思おう」と呼び掛けた。

 それはそうだ。

 シンポジウムに先立つ基調講演で弓削さんは、侵攻に至る経緯や侵攻時に先発隊として徳之島に入った薩摩軍が二手に分かれて攻めたことなどを説明した。

 弓削らしい報告だと思う。地味だけれど、こうした事実の発掘が考える足場を提供してくれる。

 記事は以上。もっと詳細なレポートがほしい。会場に足をは運ぶのが一番だが、思うに任せなかった。このイベントに関心を抱くのは会場に訪れた人だけだったら、こうした記事で充分かもしれないが、そうでないと想定するなら、詳細なレポートを提供する工夫があっていいと思う。

 今回、「島田勝也のレポート」のリアルタイムに近いレポートで臨場感を味わうことができた。昨年の「アイヌ・奄美・沖縄-まつろわぬ民たちの系譜」のパネル・ディスカッションでは、リアルタイムでインターネット配信がなされた(「仙台パネルディスカッションの様子」)が、今回、同様のことは無かったとしたら、詳細なファクト・レポートが続くのを期待したい。

 もうひとつ。今回は沖縄からの参加者も多かった。こうした報道が、奄美と沖縄のつながりを思い出す契機になればいいと思う。

◇◆◇

 続いて、沖縄タイムスの記事も出ていた。

 「支配の歴史議論 薩摩侵攻400年シンポ 徳之島」

【鹿児島県で与儀武秀】薩摩の奄美・琉球侵攻から400年目の節目を振り返る講演・シンポジウム「未来への道しるべ」(主催・薩摩藩奄美琉球侵攻400年記念事業実行委員会、沖縄大学地域研究所)が2日、鹿児島県徳之島町文化会館で行われ、約650人の来場者が奄美、沖縄の歴史について理解を深めた=写真。

 第1部の基調講演で、奄美郷土研究会の弓削政己氏は、薩摩が琉球王府を支配しながら内政には干渉しない間接支配を行ったのに対し、奄美諸島は薩摩に直轄支配された違いについて指摘。「薩摩は琉球王国を(表面上は独立国として)そのままにした。奄美諸島の歴史を理解するとき、薩摩の直轄支配と共に、中国と琉球との冊封体制が存続したことも視野に入れ考える必要がある」と強調した。

 第2部のシンポジウムでは、沖縄や徳之島、鹿児島の研究者が薩摩侵攻の歴史について議論。琉球大学教授の高良倉吉氏は「沖縄側に残された薩摩侵攻の資料は非常に少なく、奄美や鹿児島、中国サイドの断片的な資料を集めて全体を考える必要がある」と説明。徳之島郷土研究会副会長の幸多勝弘氏は、薩摩侵攻時の徳之島での激しい抗戦に触れ「各家が熱いお粥で、攻めてくる兵隊にやけどさせたともいわれる。お粥には、地元で『悪霊を払うという』という意味もありアニミズム(呪術信仰)的な世界観もあった」と話した。薩摩藩・島津家の子孫で第32代当主の島津修久氏も参加した。

 ん~、琉球新報より物足りない内容。650人の参加者は新しい情報だ。

 この記事からは、事実報道としての新聞メディアは読者のニーズに応えるには器が小さすぎる、という別のことも思い出した。


|

« 日本経済新聞に短評が載りました | トップページ | 「奄美との交流訴える」 »

コメント

スキャンしてアップしようとしたのですが、スキャナが動かなくなってしまいました。
お役に立てず、すいません。
「三七の会」の会のメイル、松島さんのブログで知ったのですが、内容がわからないのに、発言を阻止するというのはどうかなと感じました。
南海日日新聞が詳しいですよ。
明日のブログにでも紹介したいと思います。

投稿: mizuma | 2009/05/03 17:47

mizumaさん

> 明日のブログにでも紹介したいと思います。

おっ、楽しみです。どんな言葉が交わされたのか、とても知りたいです。

投稿: 喜山 | 2009/05/04 08:45

徳之島のシンポジウムは学者中心で学究的で良さそうだったような。琉球王国の研究では第一人者の高良さんもいるし。原口さんは歴史学を家業みたいにしているのかな。親子2代で近世史専門とは。京都のノーベル賞の島津製作所は、島津家とは直接関係ないんですね。社章と島津家の家紋が同じだったから、島津藩が創業していたのかと思っていました。
それに引き換え、3月29日の沖縄のシンポジウムは2項対立の方々が中心で、今後、日本といかに対立していこうかという場だったような。

投稿: kayano | 2009/05/04 10:16

kayanoさん

二項対立が硬化するときは、奄美の含みある視点は沖縄の鎮静剤になりうるのではないかと思っています。

島津製作所のことは、ぼくも知らないのです。(^^;)

投稿: 喜山 | 2009/05/04 11:30

速報ありがとうございます。

投稿: Orwell | 2009/05/05 15:15

喜安日記、正史、琉球国由来記と沖縄だけでこんだけ揃ってるのに、資料が少ないなどと泣き言を言うとは、高良倉吉は無能の極みですなww使えない奴。彼は日本語が読めないようですね。島津の方も、領民は虐待するわ、家臣の分際で主君である島津からの借金を踏み倒そうとするわ、悪行が過ぎるので、主君の義務として悪の琉球王国を懲らしめてあげました、後ろめたい事は何もありません、史料にある通り、天地神明も薩摩の正当性を認めてます、と堂々と言えばいいのに。ちなみに尚寧王も上記の内容は誓文で認めてますww

投稿: neoairwolf | 2014/07/09 00:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「歴史越え連携構築 薩摩藩侵攻400年シンポ」:

» 薩摩奄美琉球侵攻400年記念事業シンポジウム [あまみ便りblog]
 薩摩奄美琉球侵攻400年記念事業シンポジウムが徳之島の徳之島町で2日に行われました。  ネット上に報じられている記事については「与論島クオリア」さんが「歴史越え連携構築 薩摩藩侵攻400年シンポ」にまとめていますのでご覧下さい。  ネットには出ない地元新聞、南海日日新聞と奄美新聞がどう報じたかをご紹介したいと思います。(南海日日新聞は1週間に一度、まとめてホームページに掲載されますが、ここでは速報ということで)  記事は「与論島クオリア」さんに読んでいただくためにスキャンしてpicasaにア... [続きを読む]

受信: 2009/05/04 11:02

« 日本経済新聞に短評が載りました | トップページ | 「奄美との交流訴える」 »