« 「奄美との交流訴える」 | トップページ | Lucky Boys »

2009/05/04

「琉球侵略400年」

 『奄美自立論』を出版した南方新社の向原さんが西日本新聞に本のコラムを書いてくれているのを発見。

 ぼくの考えを補足して記事を豊富化したい。

琉球侵略400年

 時として、間抜けな大臣が日本は単一民族などと発言してひんしゅくを買う。批判の根拠には、たいていアイヌ民族が引き合いに出される。
 2008年10月、国連人権委員会は琉球民族を日本の先住民族と認定した。不思議なことに、奄美・沖縄を除いて、この日本ではほとんど報道されていない。

 それはともかく、奄美・沖縄が日本になったきっかけは1609年にある。薩摩島津氏が3000の軍勢で攻め入ったのだ。これを境に沖縄は日華両属を余儀なくされ、奄美は島津氏の植民地にされてしまった。
 島津氏は奄美の黒糖搾取で潤い、その財力で篤姫を徳川家の嫁にするほどの力を持つ。だが、奄美の人にとっては実に迷惑な話だったのだ。迷惑は明治、大正、昭和と続く。
 今年は植民地化されてからちょうど400年。この節目の年に『奄美自立論-400年の失語を越えて』を出した。

 奄美は今、鹿児島県に属している。だが、自分が鹿児島県人だと思っている奄美の人は多くない。

 植民地支配が今も続くと、著者は見る。

  (南方新社・向原祥隆)
    =2009/05/03付 西日本新聞朝刊=

 ぼく個人は、鹿児島を離れて以降、自分を鹿児島県人と思ったことはない。わが名に鹿児島と冠するな、と強がったりもする。だが、この感じ方は一般的だとは思ってないし、こう感じるべきだとも思わない。「自分が鹿児島県人だと思っている奄美の人は多くない」のではなく、多いのではないかというのがぼくの推測だ。それは非存在的な存在として生きた奄美の実存の帰結でもあるが、二重の疎外につまずくことなく生きる世代を育みつつある結果でもあると思う。

植民地支配が今も続くと、著者は見る。

 帯の言葉にびびった腰砕けの著者として補足すると、植民地支配と見なされる関係の構造が存続している、と、見ている。


|

« 「奄美との交流訴える」 | トップページ | Lucky Boys »

コメント

島津に侵略される前に奄美および周辺の
住民は琉球王国に侵略されてるんですけどね
奄美人からしてみれば琉球に侵略虐殺されて
100年後に島津に琉球人が奄美を売ったんだけど

投稿: 黒糖 | 2009/05/04 20:56

>黒糖さん
そこは,琉球王国の奄美征服と薩摩藩の奄美征服は,本質的に異なると思います。
なぜなら,1609年以前の奄美と沖縄の関係,奄美と鹿児島の関係は,本質的に異なると考えるからです。
奄美方言は琉球方言の一つです。恐らく,琉球王国成立以前から,そうだと思います。つまりは,民族的意味合いにおいて,極めて近い関係だったことを意味します。
言語以外の面でも,中国の文化的要素を除いた琉球文化=奄美の文化とほとんど同じといってよいと思われます。このことは,沖縄で感じる人々や自然の同質性(奄美と同じ匂い!?)は,やはり鹿児島の人や自然には感じないなと個人的経験から感じますし,そのことは,琉球王国以前からの奄美・沖縄の近い関係を確信させるものです。
個人的には,琉球王国の成立及び奄美・宮古・八重山への支配は,琉球の統一化の流れの中にあるととらえます。しかし,薩摩の奄美・沖縄への支配は,やはり統一化とは異なる,侵略であり,支配なんだと思っています。ただ,私の感覚は,奄美本来の生活経験の中で生まれた感覚であり,育った家族関係や集落,島によって異なるとは思います。

投稿: shimanchu | 2009/05/05 14:08

>shimanchuさん
フォロー有難うございます。
沖縄島民としては嬉しくもありますが、私共の側に立った発言をされ、毎度ネガコメを受けている様を見ると心苦しくなります。我々はこういった手合いには慣れていますし、高梨さんが沖縄戦の考察について紹介された時のように、ネガコメ投稿を生業にしている人も居ますから、放置して下さるようお願いします。

ただ、方言というのはどうでしょう。与論・国頭も「言葉」で良いのではないでしょうか?また、自分は北山圏にしても、与論→国頭や沖永良部→今帰仁と諸勢力あると考えていますが、これ以上は「間違った説の下で話を進めても砂上の楼閣」の典型になりそうなので控えます。

投稿: 馬調越 | 2009/05/05 17:46

ブログの内容とは関係のないコメントで申し訳ないのですが、やっとブログを開設する事が出来たのでご報告します。慣れないので小まめに更新していけるか心配ですが頑張ります!宜しくお願いしますcoldsweats01

投稿: 土濱 | 2009/05/05 20:43

> shimanchuさん

『与論島 琉球の原風景が残る島』という本がありますが、案外、「奄美」をそう言うことができるのかもしれないと思ったりします。もっと探究したいですね。

> 馬調越さん

「与論→国頭」「沖永良部→今帰仁」は面白いですね。知らなかったです。与論の場合、感覚的には国頭への親近感は強いので、納得しやすいです。


投稿: 喜山 | 2009/05/06 09:54

土濱さん

ブログ開設おめでとうございます。

奄美、沖縄のコラボ唄会、いいですね。更新、楽しみににしていますよ。

投稿: 喜山 | 2009/05/06 09:56

薩摩の沖縄圧迫は、関ヶ原の戦いに破れ薩摩藩が大きな負担を幕府から強いられた結果でも有るのでは?
奄美は大和の影響が強く、最近は喜界島に大規模な遺跡が発見されてます。
琉球王国が北上して、種子島や屋久島の近くまで勢力を延ばしていた時代も有りますよね。
今風に言えば侵略となるのは間違いないでしょう。
民主党は、1国家2制度をとなえ、中国語教育をするとの意向を持っているようですし、中国の正式見解は、沖縄の帰属は確定してないとのことです。
海洋、海底資源の存在が問題を複雑にしていますが、将来の独立国家として存在するのは難しそうですね。

投稿: アルマジロ | 2009/07/05 21:16

アルマジロさん

> 薩摩の沖縄圧迫は、関ヶ原の戦いに破れ薩摩藩が大きな負担を幕府から強いられた結果でも有るのでは?

はい、そうですね。このことを切実に思う人と話がしたいです。相互理解を深めたいので。

投稿: 喜山 | 2009/07/06 09:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/44892130

この記事へのトラックバック一覧です: 「琉球侵略400年」:

« 「奄美との交流訴える」 | トップページ | Lucky Boys »