« 「5/17シンポジウムへの質問募集!!」 | トップページ | 当ってしまった。 »

2009/05/12

「琉球侵略400年シンポジウム <琉球>から<薩摩>へ ~400年(1609~2009)を考える~」、ポスター

 17日の「琉球侵略400年シンポジウム <琉球>から<薩摩>へ ~400年(1609~2009)を考える~」のポスターが手元に届いたので、お知らせします。テキストは抜粋。

 豊見山和行は、近世の琉球国を従属的こ二重朝貴国(薩摩=幕藩制支配、中国=冊封朝貴関係)ととらえるとともに、中国との進貢貿易、幕府への江戸上り、そして民衆の姿から、自律的かつ主体的に生きてきた琉球人の姿を明らかにする。

 弓削政己は、奄美諸島独自の一字姓など、中国との冊封体制の視点から考察するとともに、新たな視点で薩摩藩による黒糖収奪体制、明治初期の黒糖自由売買運動、明治政府の「大島県」設置構想について明らかにする。

 高橋孝代は、沖永良部島に代官所が設置(一六九〇年)されて以降、島役人の権力移動(沖縄系から薩摩系へ)があったこと、現在の沖永良部島で盛ん喀沖縄系の芸能のルーツは、一八〇〇年代のグムチ(貢物)踊りにあることを明らかにした研究で、伊波普猷賞を受賞した。

 原口泉は、琉球侵攻の目的は幕府が琉球に民国との橋渡し役を期待していた点にあったと解説するとともに、一六〇九年のあの悲劇が持つ意味を、日本人も歴史学者も考えなければならないと語る。

 この四百年問の沖永良部島において、何が変わったのか、何が変わらなかったのかを、議論する!

Fromryukyutosatsuma_2

|

« 「5/17シンポジウムへの質問募集!!」 | トップページ | 当ってしまった。 »

コメント

昨日、「エラブの海」をみました。
きれいな映像でした。
鑑賞録は下記。

http://blog.goo.ne.jp/gooeichan/e/1b3db050e56d9cc946b7e9d3e7221948

投稿: kayano | 2009/05/13 11:13

kayanoさん

ブックオフにあったんですね? ぼくも探してみようかな。

復刻版が出てよかったなと思います。ぼくも感想を書いたことがありました。
http://manyu.cocolog-nifty.com/yunnu/2008/02/post_afea.html

投稿: 喜山 | 2009/05/14 09:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「琉球侵略400年シンポジウム <琉球>から<薩摩>へ ~400年(1609~2009)を考える~」、ポスター:

« 「5/17シンポジウムへの質問募集!!」 | トップページ | 当ってしまった。 »