« 「人はなぜ死者に向かって声をあげて泣き、うたうのか」 | トップページ | 「第5回ゆいまーるの集いin沖永良部島」 »

2009/05/08

『南風・海風に吹かれて』

 縁あって『南風・海風に吹かれて』という本を手にした。

 著者の平田大一は小浜島生まれ。タオファクトリーを拠点に、舞台などを通じて沖縄活性に力を尽くしている。

 「教育で地域を興し、文化で産業を興す。教育・地域・文化で沖縄を興し、演出していく、新しい生き方のカタチ、それがタオファクトリー」

 タオファクトリー

島を語り論じるだけの島おこしなら、いらない。必要なのは「島おこしを行動する」ことであり「島を生きる」ことではないだろうが。


 こういう通り、行動を旨として動いている、その行動日誌のような本だった。
 自己劇化が際立つ、行動する島人。

   『南風・海風に吹かれて』

Hirata

|

« 「人はなぜ死者に向かって声をあげて泣き、うたうのか」 | トップページ | 「第5回ゆいまーるの集いin沖永良部島」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『南風・海風に吹かれて』:

« 「人はなぜ死者に向かって声をあげて泣き、うたうのか」 | トップページ | 「第5回ゆいまーるの集いin沖永良部島」 »