« 「Web2.0 マーケティング フェア」 | トップページ | 「直轄支配と冊封体制」(弓削政己)メモ »

2009/05/15

雲のなかの与論

 おとついの朝、与論は霧に包まれたようだ。

 「霧の朝」

何時もの朝の雰囲気と違うと思いながら道路にでてみると、なんと不思議な景色である。

 盛窪さんにとっても、「不思議な光景」だったのだ。

 同じ朝のことを、あんとに庵さんも印象的に書いている。

 「メメントモリからちょっと復活した」

夜が明けた島は雲の中に入っていた。
ゴミを出しに外に出ると、髪の毛が濡れる。島犬ミモザの毛も濡れる。
海の水面を雲が這っている。島バナナも芭蕉も蘇鉄も阿檀も雲に沈んでいる。
すごく静かな朝だった。
全てが雲に沈んで、眠っている。

 「全てが雲に沈んで、眠っている。」
 「天空の城ラピュタ」みたいだ。

 与論が雲のなかに入ると、島は小さいだけに、すっぽりと覆われることもあるだろう。すると、外からは、そこに島があることも分らないこともあるわけだ。そんなたたずまいは、与論らしい。

 「雲のなかの与論」は、浮遊する与論イメージに見合っている。


|

« 「Web2.0 マーケティング フェア」 | トップページ | 「直轄支配と冊封体制」(弓削政己)メモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雲のなかの与論:

« 「Web2.0 マーケティング フェア」 | トップページ | 「直轄支配と冊封体制」(弓削政己)メモ »