« 1870年の五度の台風 | トップページ | 三省堂書店本店の地方小流通出版コーナーにあります »

2009/04/05

「沖縄と鹿児島の間で独自の文化を感じた」

 「沖縄と鹿児島の間で独自の文化を感じた。」

 これは、小渕少子化担当相の言。ご主人が奄美大島生まれなのだという。
 発言は、徳之島の町長陣が、「日本一の『子宝の島』をぜひ視察してほしい」と要請したときのもの。

 「子宝の島」ぜひ視察を 徳之島3町長が少子化相に要請

 この要請で、「産む島・帰る島・逝く島」のアイデアを思い出した。それと、「独自の文化」ということ。「琉球の原風景が残る」(『与論島―琉球の原風景が残る島』)というフレーズも思い出される。奄美は、中国化しなかった琉球。だろうか。


 

|

« 1870年の五度の台風 | トップページ | 三省堂書店本店の地方小流通出版コーナーにあります »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「沖縄と鹿児島の間で独自の文化を感じた」:

« 1870年の五度の台風 | トップページ | 三省堂書店本店の地方小流通出版コーナーにあります »