« 宇和寺半田遠島はいつ起きたのか | トップページ | 世界への猶予と脆さ »

2009/04/08

与論島の砂糖きび生産量は、惣買入期と比べてどのくらい多いのか

 ここに与論島の砂糖きび生産高についてデータがあるので、惣買入時期と比べてみる。

 「与論島における集落営農によるさとうきび増産への取組」

 生産量だけをみると、2006年は21,000トンの砂糖きびが生産されている。「南嶋雑集」によると、1863年は、11町で23万斤の黒糖を生産している(「食糧自給力の収奪」)。23万斤の黒糖を「百六砂糖」で換算すると、2,300トン相当の砂糖きびになる。

 砂糖きびの量でいえば、2006年は、1863年の9倍も生産していることになる。生産量は当時と比べて格段に増えているわけだ。面積は5倍。

 ただ、データによると2006年は災害の影響が大きいので、近年で生産量の多かった2000年を採ってみる。この年、591haから44,000トンの砂糖きびが出来ている。

 これは、1863年の19倍だ。1863年の生産効率を1として比べてみると、

 1863年  1
 2000年  3.6
 2006年  1.8

 与論島で砂糖きび生産が始まって20年も経たないころに比べて、それから1世紀半後の現在、砂糖きび畑は5倍相当に拡大している。生産効率は、当時の2~4倍まで成長。ただ、効率は上がっているが、災害の影響を受けやすいのはあまり変わっていない。

 当時の与論光景を想像しようとすれば、まず、砂糖きび畑は、いまの5分の1だったことを覚えておこう。ちなみに想像したいのは、もうひとつあって、44,000トンの砂糖きびを全部、黒糖にしたらどのくらいになるか。

 もう一回「百六砂糖」を用いると、2,640トンの黒糖になる。これを、500gで1袋として400円で販売したとしたら、528万袋、21億だ。これだけ見ると、なかなかな市場である。


(記事とは無関係ですが、人形町の桜)
Sakura1_3Sakura2_3

|

« 宇和寺半田遠島はいつ起きたのか | トップページ | 世界への猶予と脆さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/44597622

この記事へのトラックバック一覧です: 与論島の砂糖きび生産量は、惣買入期と比べてどのくらい多いのか:

« 宇和寺半田遠島はいつ起きたのか | トップページ | 世界への猶予と脆さ »