« 「沖縄と鹿児島の間で独自の文化を感じた」 | トップページ | 明治6(1873)年の「勝手賣買」 »

2009/04/06

三省堂書店本店の地方小流通出版コーナーにあります

 三省堂書店神保町本店へ。学生のときは、ここと東京八重洲ブックセンターにはよく行った。本を漁って何冊か買うと近くの喫茶店に入って読みふけるのが楽しみだった。今日の目的は、4Fにあるという地方小流通の出版コーナーへ。

 『奄美自立論』は、地方小流通扱いでどんな本屋さんにも置いてあるわけではない(と思う)ので、こうした特設のコーナーはありがたいのだ。

 探したらすぐに見つかった。『京のならわし』と『鎌倉検定』の間(苦笑)。想像もできない取り合わせである。近くには松山光秀の『徳之島の民俗文化』も、『南西諸島史料集2巻』もあった。さすがである。

 というわけで、 『奄美自立論』は、少なくとも、

 ◇池袋ジュンク堂
 ◇神保町三省堂本店4F
 ◇よろんの里
 ◇奄美の家

 にあります。なぜか後の2店は本屋ではないですが。「奄美の家」と「よろんの里」に行かれた方はほろ酔い気分で買ってやってください(笑)。


Sanseidou_2

|

« 「沖縄と鹿児島の間で独自の文化を感じた」 | トップページ | 明治6(1873)年の「勝手賣買」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/44585163

この記事へのトラックバック一覧です: 三省堂書店本店の地方小流通出版コーナーにあります:

« 「沖縄と鹿児島の間で独自の文化を感じた」 | トップページ | 明治6(1873)年の「勝手賣買」 »