« 世界への猶予と脆さ | トップページ | 降灰一過になりますように »

2009/04/09

『奄美自立論』を置いてくれる書店を募集します

 聞けば、『奄美自立論』は、「地方小流通」を介していて、ということは、なかなか全国の書店には並ばないらしい。

 そこで、全国の書店さん向けにFAXで注文書を送りました。この本は、まず奄美の人に読んでほしい。次に沖縄、鹿児島の人に読んでほしい、と思っていました。でも書くにつれ、奄美を知らない人に読んでもらうことが大事だと思うようになりました。そんなわけで、メッセージも奄美知らずの人向けに初期のチラシを少し、リメイクしています。

 もし、このブログを書店員さんが読むことがあれば、ぜひご検討ください。損はさせません(言い過ぎ(苦笑))。


Amamijiritsu

|

« 世界への猶予と脆さ | トップページ | 降灰一過になりますように »

コメント

猿渡文書が何となく 読めてきました。

明日は  猿渡家の系統の十五夜です。

 伝統行事ですし、
   私も深く係わった豊年祭典ですので
       お祭りに参ります。

  そのあとに 

     按司根津栄 
        神社に
           本末転倒にならないように・・。

  巧言令色  は  大切ですよ。
    ヤマき
         ゆみ チャンにあいました。

    私の 解る程度 の  文章でお願いします。
     与論 では  店頭には  無塚しい。
   どぅー  ハウス。

          酔い心地。

投稿: awa | 2009/04/09 19:45

岡山のKAYANOです。
第4章を読み終えるところです。
他の本も並行して読んでいるのでなかなか進みません。

マーケッターさんに差し出がましいですが、影響力あるブロガーに献本して簡単な書評を載せてもらえればけっこう売れるかもしれません。
思い当たるのは下記あたり。

目取真俊氏のブログ
http://blog.goo.ne.jp/awamori777

多田治氏のブログ
http://d.hatena.ne.jp/tada8/

投稿: kayano | 2009/04/09 22:58

awaさん

香文堂は置くと言ってくれましたよ。
ただし、与論では沖縄の本は売れるけど、奄美は・・、というのです(苦笑)。

投稿: 喜山 | 2009/04/10 08:47

kayanoさま

ハードな内容なのにお付き合いくださりありがとうございます。第5章以降は割りにスピーディに読めるのではないかと思います。

仕事として人に言うのとは違って、自分のこととなった途端に引っ込み思案になるので、アドバイス嬉しいです。背中を押してくれた感じです。

投稿: 喜山 | 2009/04/10 08:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/44617528

この記事へのトラックバック一覧です: 『奄美自立論』を置いてくれる書店を募集します:

« 世界への猶予と脆さ | トップページ | 降灰一過になりますように »