« オボラダレンは、「御誇り」から | トップページ | 与論島の塩が、ロッテの「パイの実」に »

2009/04/13

丸刈り校則の見直し試行期間へ

 少しずつ、動き出しているんですね。

 校則見直し試行の奄美市・小宿中、新入生の半数以上が“脱”丸刈り

男子生徒の頭髪に関して、丸刈り校則の見直し試行期間に入っている奄美市立小宿中学校(小濵義智校長、生徒数二百三十六人)で六日、二〇〇九年度の入学式が開かれた。同校によると、新入生男子の半数以上が「丸刈りではない」髪型で出席。市内の多くの中学校が丸刈りの校則を残す中、同校の式典に臨んだ保護者からは「生徒の自制心を育てる面で、(校則見直し)は意義があるのでは」との声が聞かれた。



|

« オボラダレンは、「御誇り」から | トップページ | 与論島の塩が、ロッテの「パイの実」に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丸刈り校則の見直し試行期間へ:

« オボラダレンは、「御誇り」から | トップページ | 与論島の塩が、ロッテの「パイの実」に »