« 「SAYONARA 与論島観光ホテル LAST NIGHT PARTY」 | トップページ | 「よろん島きび酢の受賞記念セール」 »

2009/03/12

御仮屋の政照宅

 猿渡彦左衛門、鹿児島へ上国の記述。

一同五月廿四日
今日猿渡彦左衛門様は和泊の御仮屋の政照宅から伊延湊へでかけ荷物を船え積みこんで九ツ時分(午後零時頃)御国許鹿児島え出帆なされたので、それより私は政照の奥さんを同道して金比羅寺え日中は詰め、晩は旅宿え出かけて旅の跡祝いをした。尤も役所に勤めて特勤する旧お役人方を乗せてお国許え帰る船二艘も今日一緒に出帆した。

 しかし、注目したいのは、「御仮屋の政照宅」という記述。伊延湊は、西郷隆盛もそこに到着した沖永良部島の港だ。で、沖永良部で「政照」というと、土持政照ではないかと思うわけである。西郷隆盛の義兄弟の関係を結んだ、あの土持である。

 「猿渡文書」では、この記述が全てだから、正照の消息はこれ以上は分からない。しかし、人物像というのはこんな風に、出来事の断片のように垣間見えてくるのかもしれない。そんな面白さを、それこそちょっと見させてもらった。


|

« 「SAYONARA 与論島観光ホテル LAST NIGHT PARTY」 | トップページ | 「よろん島きび酢の受賞記念セール」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87956/44296032

この記事へのトラックバック一覧です: 御仮屋の政照宅:

« 「SAYONARA 与論島観光ホテル LAST NIGHT PARTY」 | トップページ | 「よろん島きび酢の受賞記念セール」 »